太極拳・八卦掌・戴氏心意拳  サークルウォーカー

愛知豊川・豊橋中国武術サークル
豊川中国武術愛好会の伝統中国武術練習日記

掌友会・推手倶楽部中部同好会

豊川中国武術愛好会とは?

中国の伝統武術である推手・太極拳、戴氏心意拳、馬貴派八卦掌を学んでいます。
愛知県東部の豊川市御津生涯学習会館を中心に活動。
年に4回ほど東京の中国伝統武術  掌友会代表  江口 博先生をお招きして、中国武術セミナーを開催します。また会員で定期的に練習会を行っています。
武術は初めてという方でも無理なく学習できます。
見学歓迎致しますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせは下記アドレスまで。

toyotyu8@gmail.com

お名前と件名「見学希望」をご記入の上、送信お願い致します。

興味のある方は是非連絡をください。私たちと一緒に活動していきましょう!

太極拳 八卦掌 「功力」

2010-04-26 19:48:01 | 日記
となりの体育館で剣道大会をやっていたため、学習会館内はその炊き出しの香りが充満していました。
なに作ってたのかな?


今日の練習内容

●八卦掌クラス

走圏、掌法、対練

●太極拳クラス

スワイショウ、37式、按、推手、対練


いつも基本練習に終始していますが、「こういうのをやってみたい」というご希望があれば是非お聞かせ下さい。
(4対1で戦うとか)


●八卦掌クラスはおなじみの走圏です。
今日は走圏のターンに掌法を挟んでやってみました。
1周回ってきたら単換掌、探掌などで転換して逆回りするのです。

いつも走圏は走圏、掌法は掌法、というように区切ってやるので、たまには込み込みで練習してみた訳です。
(というか、これが本来のやり方?)

これとは別に、反背錘を重点的に練習しました。

次は88式。
先日の勉強会で学んだ各動作の詳細部分を確認しながら通しました。
(特に肩、肘などをしっかり落とすことを注意)

対練は龍形対打と帯手。
回転よりも功力の張り合いを重視して回ります。

帯手は各注意点を確認しながらやってみました。


●太極拳クラスもいつも通りスワイショウを念入りに行います。

次は37式。
第1段まで形をしっかりチェックしながら通してみます。

上体投げだしの按。
下からの力を上体にしっかり伝えて発します。
投石機みたいな感じでしょうか。

推手。
単推手は相手の力をうまく逸らしながら引き込んで返します。
四正推手も練習しました。


●合流

八卦掌をちょっと引っ張りすぎたので、合流がちょっとしかできませんでした;;

単推手、吸化掌をみんなでやります。
太極拳もポンをバリバリに張ってやや硬めで試してみました。

最後は圧掌。
みなさん、かなり功力がついています。
普通の人が力一杯抵抗しても潰せるのではないでしょうか?


今月もお疲れさまでした。
来月第1週は心意拳の講習のため豊川での練習はお休みになります。
ご都合の良い方はぜひ東京まで足を運んでみて下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

太極拳 八卦掌 「対練の日」

2010-04-20 20:19:19 | 日記
最近豊川に来るといつもお祭りをやっている気がします。
夏の暑いときにやるより春か秋にやる方が合理的ですね。


●今日の練習内容

・八卦掌クラス
 
走圏、掌法、対練

・太極拳クラス

スワイショウ、37式、推手、対練


●八卦掌クラスは先週の勉強会の復習と対練をメインに練習。

走圏は各々要求を自分でチェックしながら。
掌法は江口先生より指摘された所を修正したり追加したりしながら。
じっくり練習してみました。

時間が無くて88式が出来なかったのが残念です。

先週、用法的な対打をやったので、それも復習してみました。
殴ったり蹴ったりして来るのをこれまで習った技で対処します。
88式の型にあのような意味があったとは思いもよりませんでした。

自由対打も少しやってみました。





●太極拳クラス。

姿勢を細かくチェックしながらスワイショウを行いました。
鄭氏37式も第1段までを形をしっかり作りながら練習。
その後、推手を念入りに行いました。




●両クラス合流

せっかく練習相手がいるので、対練に時間を割くようにしたいと思います。
「全身の力を伝える」を体感するために、ポンで上体を固めて体当たりの様にぶつける、というのをやってみました。

手でうーん、と押すのとは違う衝撃力があります。
あんまりひどくやるとむち打ちになりそうです。



最後は圧掌。
太極拳的に力を入れさせないやり方、というのを研究してみました。


みなさん、今週もお疲れさまでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

太極拳 八卦掌 江口先生勉強会・2010 . 4月

2010-04-12 21:28:30 | 日記
本日は恒例の江口先生をお招きしての勉強会でした。
遠路来て下さる先生に感謝です。

●八卦掌クラス

走圏、掌法各種、88式、対打

●太極拳クラス

スワイショウ、按、套路、推手


●八卦掌クラスはいつも通り走圏です。
走圏するとき「要求」をチェック項目として掲げ、常に自分で全てを満たしているか確認しながら行うように、とご指摘頂きました。



起点で要求を込めても一歩目を歩いたときにどこか抜けてしまっているので、最初の状態を維持出来る様にしたいです。

続いて掌法。
基本の5つの型を練習です。
先生から動作をブツブツ切らずにスムーズに流す様に、特に一挙動で行う所は注意すること、とアドバイス。
途中に実例を交えながらの講義だったので大変参考になりました。

88式。
いつも何気なくやってしまう動作一つ一つに細かい掌法が含まれており、形の意味がようやく分かって来ました。
(あまりに細かすぎて憶えきれませんでしたが;;)
馬貴派八卦掌の技の集大成、といった感じの套路です。



対打とは別に、打つ時の力の出し方や足の移動についての練習をやってみました。
まず先生に打たれてみます。
「ドガン!」(←冗談抜きでこういう感じ)
という衝撃で、体が後方に飛ばされます。
このドガン!という感じで打てる様にみんなで押し合いへし合いしてみました。


●太極拳クラスはスワイショウからです。
じっくり時間をかけて体をほぐしていきます。

次は上体を投げ出す様に振ってみます。
空中へ放り出される感じ、というのが近い表現でしょうか。



套路は鄭氏の一部分をくり返しエンドレスで行う方法を練習。

推手は単推手から始まって四正推手をじっくりと。
太極拳の最も重要で、技法が詰まった練功法です。
最後は自由推手でバンバンやりあいました。




今回も大変実りある勉強会でした。
江口先生、どうもありがとうございました。
皆さん、お疲れさまでした。


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

太極拳 八卦掌 「ホームグラウンド」

2010-04-05 00:14:51 | 日記
豊中は豊川市御津の体育館と生涯学習会館の2カ所を拠点に活動しております。
どちらにも大変お世話になっておりますが、体育館はかなりスペースが広いので、参加者が少ないとガラーンとして寂しいです。
そういう時には学習会館の方がしっくり来て「ホームグラウンド」という感じがします。


●今日の練習内容

・八卦掌クラス
走圏、掌法(反背錘、帯手)、88式、対練(龍形、吸化掌、圧掌)、対打

・太極拳クラス
スワイショウ、按、鄭氏37式、単推手、四正推手、対練


今日は、ばんこう会長が参加して下さいました。
三重からわざわざ来て頂いて大変うれしいです。
Iさんも復帰して下さって賑やかな練習になりました。

八卦掌クラスは走圏、掌法、88式、を1時間ぐらいでサッと通して、せっかくばんこう会長がいるので対練をたくさんやってみました。

まずは龍形対練。
功力のせめぎ合いでジリジリと回転するのが理想ですが、どうもクルクル回ってしまいます。
次は自由対打。
先月東京で学んで来た事を復習してみます。
1手ずつしっかり練習して、徐々にバリエーションを増やしていく計画です。
今日は相手が外に弾こうとするのをそのまま流して腕を入れ替え、蟹の撞掌で突き飛ばす型を何度もやってみました。




さて、太極拳クラスはスワイショウを念入りに確認しました。
特にヒザ周りに負荷を掛けないように注意し、正しい要求を心がけてです。
ヒザの位置が悪いと力を出すとき、相手からの攻撃を受け止める時にダメージが一点に集中して危ないので、気をつけなければいけません。

次いで鄭氏37式。
それぞれの型を正確に丁寧に練習します。

さらに単推手、四正推手です。




対練、後半はいつも通り八卦掌クラス、太極拳クラス合同で行います。

最初はカオ。
Iさんは「イス取りゲームのように」と言っていましたが、なるほどです。
太極拳の方が相手の重心を上に浮かす技が含まれている様に感じました。

2番目は単推手&迎面吸化掌。
それぞれの特徴を生かして突いて突かれてです。

最後に圧掌。
ばんこう会長とIさんは「力を入れさせないやり方」を色々試していました。



みなさん、今週もお疲れさまでした。
来週は先生が見えますので、こちらも宜しくお願いしますねー。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加