太極拳・八卦掌・戴氏心意拳  サークルウォーカー

愛知豊川・豊橋中国武術サークル
豊川中国武術愛好会の伝統中国武術練習日記

掌友会・推手倶楽部中部同好会

豊川中国武術愛好会とは?

中国の伝統武術である推手・太極拳、戴氏心意拳、馬貴派八卦掌を学んでいます。
愛知県東部の豊川市御津生涯学習会館を中心に活動。
年に4回ほど東京の中国伝統武術  掌友会代表  江口 博先生をお招きして、中国武術セミナーを開催します。また会員で定期的に練習会を行っています。
武術は初めてという方でも無理なく学習できます。
見学歓迎致しますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせは下記アドレスまで。

toyotyu8@gmail.com

お名前と件名「見学希望」をご記入の上、送信お願い致します。

興味のある方は是非連絡をください。私たちと一緒に活動していきましょう!

見学の方

2010-01-31 21:53:52 | 日記
今日の練習内容

●八卦掌クラス

走圏、単換掌、88式、対練
88式は一応最後まで型をやってみました。

●太極拳クラス

単推手、対練など


今日は見学の方が来られました。
せっかくなので八卦掌と太極拳の両方を見て頂くよう、一部予定を変更して体験コース的にやってみました。

八卦掌クラスでは熊形と龍形の走圏、単換掌を実際に練習して頂きました。

太極拳では「ポン勁」の考え方と実技を体験して頂いた様です。

最後に全員で対練。
カオ対練と迎面吸化掌的推手(お互いフルパワー)、最後に圧掌で締めくくりました。


八卦掌クラスでは88式を最後まで通してみましたが、まだ一つ一つの型の要諦が不明確です。
最初の大起式についても、伸ばす部分とか感じが掴み切れていません。
この辺りは更に学習が必要です。


見学に来られたHさんは、ご入会頂きました。
ありがとうございます。
一緒に中国武術の深奥を見て行きましょう!
よろしければこのブログにも練習の感想とかご要望とかコメントを書いてみてくださいねー。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

復習

2010-01-25 23:52:03 | 日記
本日の練習内容

●八卦掌

走圏。特に龍形をメインに。
掌法:単換掌、探掌
88式


先週の勉強会の復習ということで、走圏は龍形を多めに練習しました。

掌法は単換掌、探掌をポイントを押さえて。

コウ歩ハイ歩の鍛錬方法がないか?とのリクエストを頂いたので、以前ばんこう会長から教えて頂いた「双コウ双ハイ」をやってみました。

コウ歩は正しく行わないとヒザを痛める事があるので、慎重に、ムリヤリひねったりすることがないように注意しなければなりません。
安全に練習する方法をいろいろ考えてみましょう。

88式は最初の夜叉探海まで進みました。
今のところ一式一式がどういう意味を持つのか良く分りませんが、形を正確に行う事を第一にやってみたいと思います。


●太極拳

スワイショウ:前後左右
対打:カオ、ポン勁
単推手

スワイショウは重要な練功法という事で念入りに練習しました。
単調な動作のくり返しなので長時間やるのが大変かと思いますが、リラックスして流れに任せると心地よくなると思いますので、みんなで工夫してみましょう。

今回の太極拳クラスはちょっと内容が薄くなってしまいました。
練習メニューについて、ご希望がありましたらぜひ頂きたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

八卦掌・太極拳 江口先生勉強会 2010.1月

2010-01-18 00:03:28 | 日記
本日は江口博先生をお招きしての馬貴派八卦掌、太極拳・推手の勉強会でした。

●八卦掌クラス



1時間に渡り熊形、龍形の走圏を行い、先生に細かい姿勢や要求についてチェックして頂きました。

胸、腕はリラックスし、肩、肘を伸ばす。
足の裏は平起平落、後ろ足を前に振り出す時にはピッと鋭く送る。
しばらく片足立ちになる。
胸の落とし、骨盤の巻き込みは常に意識し、本能に刷り込む。
熊、龍の上半身のひねりはムリヤリ捻るよりも形を整えて。

など、ポイントに注意しながら行います。


次は単換掌。
掌法の中では数少ない横回転の技です。
今回新しく教わったのはゾーマーホーチーの意味と用法です。
連続反撃の手段として様々なバリエーションがあります。
ヨウテイゾウカの簡略式についても一緒に学習しました。

探掌。
型をしっかり復習します。
単換掌と同じく横に回転するので、縦に振り回さないよう注意します。
母掌の探掌は円の中心から十字状に展開するので、自分の位置を見失わないように確認しながら行う必要があります。

単式練習では圧掌と反背錐を習いました。
圧掌は全身でぐーっと下に押さえるように、反背錐は振り回す方法とムチのように打つ方法の2通りを練習します。

対打は穿掌対打から始まって、最後には自由対打をみんなで悩みながら練習してみました。


●太極拳クラス



八卦掌の基本が走圏であるように、太極拳の基礎はスワイショウです。
最も重要な前後のスワイショウを時間をかけて行います。
ついで左右のスワイショウ。
ロウシツヨウホのスワイショウも練習しました。


推手は単推手から始めて、両手を使う推手、太極拳のエッセンスが詰まっている四正推手を練習。

続いて鄭氏太極拳37式を学びます。
上体の形、大腿の立て方にポイントがあるので、それらに気をつけながら要求を満たして最初の数式を練習。
更にその型がどういう意味なのかも先生に解説して頂きました。

対練は足から腰、腕、と力が地面から伝わるのをしっかり感じながら行う按。
ポン勁を張ってぶつかるカオ。
などを練習しました。


江口先生、参加されたみなさん、ありがとうございました。
今日の勉強会で得たものを今後の練習に生かしていきましょう。
1日お疲れさまでした。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

体幹の力

2010-01-10 20:22:11 | 日記
今日は練習初めです。
太極拳クラスに新しく入会された方もいて、いいスタートとなりました。


●今日の練習内容

最初に「体幹の力」を使う対練をみんなでやりました。
2人一組になり、攻め側は相手の首に手を巻き付けてこねくり回します。
受け側は回されないように耐えます。
どちらも体全体で行うのを心がけます。

次はおなじみの圧掌。
足からの反力を体と一体にした腕に伝えます。


対練の後はそれぞれのクラスに分かれて練習です。

八卦掌クラスは走圏をした後、88式をやりました。
今日はバックへ大きく捻った後、大コウ歩して切掌、3回目の獅子形、片足立ち、蟹撞掌までです。
何回か通して行い、よく分からない所をピックアップして練習しました。

どの武術でもそうだと思いますが、一番最初にやる型、何回も出てくる型は套路を作った人が重要だ、と考えて設定していると思われるので、特に念を入れて練習した方が良さそうです。

88式の場合、最初の大起式、探掌・穿掌、獅子形、鴨形などがそれに当たるのではないでしょうか。


太極拳クラスは今日、新しく入会された方がいたので、単推手とスワイショウを徹底的に練習しました。
太極拳をやって膝を痛める人は膝を回している事が多いので、股関節を回すように注意して行いました。


来週は江口先生をお招きしての勉強会です。
今年も打ったり打たれたり、投げられて転がったりして楽しく練習しましょう!




コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加