太極拳・八卦掌・戴氏心意拳  サークルウォーカー

愛知豊川・豊橋中国武術サークル
豊川中国武術愛好会の伝統中国武術練習日記

掌友会・推手倶楽部中部同好会

豊川中国武術愛好会とは?

中国の伝統武術である推手・太極拳、戴氏心意拳、馬貴派八卦掌を学んでいます。
愛知県東部の豊川市御津生涯学習会館を中心に活動。
年に4回ほど東京の中国伝統武術  掌友会代表  江口 博先生をお招きして、中国武術セミナーを開催します。また会員で定期的に練習会を行っています。
武術は初めてという方でも無理なく学習できます。
見学歓迎致しますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせは下記アドレスまで。

toyotyu8@gmail.com

お名前と件名「見学希望」をご記入の上、送信お願い致します。

興味のある方は是非連絡をください。私たちと一緒に活動していきましょう!

練習納め

2009-12-27 21:59:48 | 日記
本日の練習内容

・八卦掌クラス
走圏、88式、対練(吸化掌、圧掌)

・太極拳クラス
スワイショウ、単推手、四正推手など


●八卦掌クラス

最初にIさんの準備運動と基本功で体をほぐします。
その後、走圏。
88式は2回目の獅子形から後ろへバックする所までを練習。
しつこいですが、肘を下に向ける事と、走圏の要求を満たしながら型を行う事を気をつけました。

●太極拳クラス

スワイショウをやり込みました。
普通の並行立ちから足を一歩出しての前後のスワイショウ。
さらに、鄭氏の型の中から抜き出してロウシツヨウホでのスワイショウなど。

推手は単推手、四正推手。
もらう量と切り返すタイミングを注意しながら行います。


●クラス共通

功力の運用について、ちょっとだけやってみました。
両手を掴まれてグッと押さえ込まれた時、功力を使って上へはね飛ばします。
腕力ではなく、体幹の力をある方向にフゥーッと掛ける様に、というポイントを教わって、みんなでやってみました。
達人になると、相手を押さえ込んだ形のまま上空へ吹っ飛ばす事ができるらしいですが、そうなりたいものです。

次は腕を逆手に取られ、下に伏せられた状態から外す方法です。
伏せられたポイントをうまくずらし、相手の下に潜り込むようにして、体幹の力を上向きに解放します。

八卦掌は純粋に功力ではね飛ばします。
対して太極拳は相手の力を円形に導きながら螺旋のような軌跡を描いて相手に返します。

東京本部では完全に伏せられた状態から「はい、返して」と言われるそうですが、どう考えてもムリです(笑。


最後に全員で対練です。
八卦掌は迎面吸化掌、太極拳は推手で相手の攻撃を弾いたり受け流したりします。

次は圧掌。
八卦掌はやはり功力を使って足から体幹を通じた力で返したり、ねじ伏せたりします。
太極拳は力の方向を変えつつ、相手の力が入らない様に導きながら返します。
それぞれの特徴が出ていて興味深いです。


今日が今年最後の練習です。
皆さん、1年間お疲れさまでした。
ご指導下さった江口先生、ばんこう会長、Iさん、ありがとうございました。
来年もどうぞ宜しくお願い致します。
コメント (2)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

隠れた意味

2009-12-21 22:52:49 | 日記
今日の練習内容

・八卦掌クラス
走圏、掌法、88式、対打

・太極拳クラス
タントウ功、単推手、四正推手、自由推手など


●八卦掌クラス

転勤された豊中の初代会長・ばんこうさんが練習に来てくれました。
ばんこうさんは掌友会・近畿同好会(笑)を設立される予定だそうです(笑。

まずはIさん指導の元、みんなで基本功です。
その後、いつも通り八卦組と太極組に分かれます。

八卦掌クラスは軽く走圏、続いて掌法をそれぞれ学んだ所まで。

中盤からは88式の続きです。
前回最初の獅子形から穿・深・穿、と突く所まででしたから、その続き。
反転して穿掌、穿掌、穿・深・穿・深・穿と五連続で突いてまた反転、ここまで。
体ごと突く、肘は下向き、というポイントは同じです。

この五連続の突きには意味がある、とばんこう会長が解説してくれました。
今まで何気なくやってきましたが、八卦掌独特の蛇の様な動きが隠されていたのです。
よく考えて作られています。

最後は穿掌対打と吸化掌で締めました。


●太極拳クラス

基本功に引き続いて単推手。
馬歩などの正しい作り方。
四正推手、自由推手。

今回目を引いたのは鄭式(楊式も?)の基本姿勢の意味です。
何故後ろ足を折って大腿を垂直にするのか、Iさんがその訳を解説してくれました。


今年も残すところ練習はあと1回です。
みなさん、どうぞふるってご参加下さい!
忘年会だけの参加もアリです(笑。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

88式

2009-12-13 20:38:13 | 日記
今日の練習内容

・八卦掌クラス

走圏、掌法各種、88式、対練

・太極拳クラス

なし


●八卦掌クラス

いつも通り走圏で体を温めます。
走圏なしで掌法をやると体が浮いた感じがしてしっくり来ないので、短時間でもやった方がいいですね。

次は掌法。
それぞれ習った範囲で練習しました。
熊形遊身掌はもう一回みんなでやってみました。

今日のメインは88式です。
とりあえず形だけ一通り出来る様にして、疑問点や分からない所は先生にお聞きする、という流れでやっていこうと思います。

常に走圏の要求を満たすのと同じ感覚で行う。
手で打つのではなく、体全体の移動で打つ。
肘は下に向ける。
などを注意しながら1回目の獅子形の辺りまでみんなで練習しました。

最後にちょっとだけ穿掌対打と迎面吸化掌をやって今日はおしまいです。
皆さん重い攻撃で、かなり功力がついた様に見受けられました。


●太極拳クラス

今日は都合がつかなくて参加者がいませんでした。
八卦組と同じぐらいメンバーが欲しい所です。
コメント (3)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

先週の復習

2009-12-06 17:41:41 | 日記
今日はほとんどのメンバーが揃っていたので、最初にIさんに基本功をやって頂いてから八卦掌クラスと太極拳クラスに分かれて先週の勉強会で習った事の復習をしました。

●八卦掌クラス

30分ほど熊、龍の走圏。
熊形走圏のターンの仕方について質問が出たので、みんなで「遊身掌」をやってみました。
この掌法は本当に熊が遊んでいるみたいでちょっと変わっています。
「くまさん、くまさん、ガオー、ガオー」というイメージでしょうか。
これで皆さん、延々と熊形走圏を出来ますね(笑。

次は先週の復習で探掌8式の内、最初の3式です。
手だけで突かないように気をつけて打ち込みます。
第2式がやや複雑です。
リョウイン掌の用法など、それぞれの動作の意味を考えながら練習しました。

最後は穿掌対打とそこからの自由対打です。
試行錯誤しながらこれまで習った型を使って反撃してみます。
自然にこうした技が出てくるようになれればしめたものです。
各掌法の練習の集大成がこの対打に現れるのだと思います。
まだバリエーションが少ないので、3,4つの技に絞ってやった方がいいのかもしれません。


●太極拳クラス

見学の方がみえたので、体験がてらIさんがレクチャーしていました。
太極拳の基本「ポン勁」について説明。
普通の力とポン勁との違いを実演しながら紹介します。
その後、単推手、四正推手、と3人で練習しました。

ご興味持たれたら是非入会して太極拳の神髄を味わっていただきたいです。


今週から入り口に看板を掛けてみました。
興味深げに見ていく人もいましたが、残念ながらお問い合わせには至りませんでした。
しかし、これで中で何やってるのか分かってもらえます。

子供「お父さん、あれ、なにやってるの?」
父親「(自信満々に)あれはヨガだよ、ヨガ」

と間違った教育をされなくて済むはずです(たぶん)。
コメント (6)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加