太極拳・八卦掌・戴氏心意拳  サークルウォーカー

愛知豊川・豊橋中国武術サークル
豊川中国武術愛好会の伝統中国武術練習日記

掌友会・推手倶楽部中部同好会

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

戴氏心意拳  江口先生勉強会 2012・2月

2012-02-14 19:34:20 | 日記
今年初めての江口先生をお招きしての勉強会です。
今回は全員が戴氏心意拳の講習を受けた事があるメンバーだったため、心意拳クラスのみになりました。


ちなみに中部地方で戴氏心意拳・第六代伝人の教えを受ける事が出来るのは豊中だけですよー(多分)。
一応宣伝しておきます(笑。


●戴氏心意拳クラス

まずは丹田功
戴氏心意拳といえば丹田功、丹田功と言えば戴氏心意拳、というぐらい基本中の基本で、最も重要な鍛錬法です。


「菊正宗を飲むと旨い物が食いたくなる、旨い物を食うと菊正宗が飲みたくなる」みたいな感じです。

この丹田功、見た目は簡単そうですが、とにかく難しい!
何回やっても上手く出来ません。
しかし丹田功とこの後やる虎歩が出来ないと、後でどんな技を学んでも威力が伴わないハリボテになってしまうので避けては通れません。
発祥の地では入門者は3年間丹田功のみというのも理解出来るような気がします。

更に虎歩。
丹田功に歩法を組み合わせた、これまた重要な鍛錬法です。
本格的にやると丹田功を経て3年にようやく学べるものなので、ちょっと申し訳ないです。
とはいえ、丹田功の積み重ねがあってこその虎歩で、丹田功が出来ていない我々には更に難しく感じるのでした(涙。
力がどっかに行ってしまう感じです。
これがまとめられると強大なパワーが生み出せる様になります。
先生の強大なパワーを何度も身をもって体験しました!(笑



その他、突きを組み合わせた技、通称「かめはめ波」と呼ばれる技なども教えて頂きました。



そして対練。
ここでも丹田功が必要となります。
相手の攻撃を片腕を介して吸収してしまう技法、さらに両手で巻き込んで反撃する技法などを学びます。

先生と何回も対練させて頂きましたけど、全員恒例の「逆袋叩き」にされましたー;;
いや、ホント手も足も出ないですよ。








江口先生いわく、
「正しい方法はシンプル。複雑なものはニセモノ」
だそうですが、戴氏心意拳は正にそれを体現した拳法です。
必要不可欠かつ必要充分なエッセンスで構成されているのです。


ご指導頂いた江口先生、ありがとうございました。
参加して下さった会員の皆さん、お疲れさまでした。
貴重な武術なのでじっくりと練習していきましょう。
戴氏心意拳をやってみたい方も大歓迎なので、是非いらして下さいねー。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 太極拳 「Largo」 | トップ | 戴氏心意拳 太極拳 「シン... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
心意拳について (名古屋陳式太極拳倶楽部)
2012-03-11 21:01:57
掌友会・推手倶楽部中部同好会様

初めまして。名古屋で陳式太極拳の稽古会を主催しております。戴氏心意拳ですが、私も数年間指導をいただいておりますので、一応、ある程度は稽古しております。ただし、陳式メインですし、始めたばかりなので、お教えしたりはしていませんが・・・。
突然でしたが、失礼いたしました。
Re:心意拳について (Y)
2012-03-13 00:49:45
名古屋陳式太極拳倶楽部さま

初めまして。
コメントありがとうございます。
私も戴氏心意拳を始めたばかりです。
長い道のりですが少しづつでも継続していきたいと思ってます。

4月1日に東京より江口先生をお招きして講習会を行う予定です。
もし講習会についてご興味・ご関心がございましたらご連絡いただければと思います。

今後とも、どうぞよろしくお願い致します。
ありがとうございます。 (名古屋陳式太極拳倶楽部)
2012-03-18 21:37:51
掌友会・推手倶楽部中部同好会様

我々も、常日頃から自由推手に取り組んでおります。まだ発足から1年程度ですので、実力はまだまだですが、今後は推手を通じて交流等できればと思っております。

またよろしくお願いします。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。