太極拳・八卦掌・戴氏心意拳  サークルウォーカー

愛知豊川・豊橋中国武術サークル
豊川中国武術愛好会の伝統中国武術練習日記

掌友会・推手倶楽部中部同好会

豊川中国武術愛好会とは?

中国の伝統武術である推手・太極拳、戴氏心意拳、馬貴派八卦掌を学んでいます。
愛知県東部の豊川市御津生涯学習会館を中心に活動。
年に4回ほど東京の中国伝統武術  掌友会代表  江口 博先生をお招きして、中国武術セミナーを開催します。また会員で定期的に練習会を行っています。
武術は初めてという方でも無理なく学習できます。
見学歓迎致しますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせは下記アドレスまで。

toyotyu8@gmail.com

お名前と件名「見学希望」をご記入の上、送信お願い致します。

興味のある方は是非連絡をください。私たちと一緒に活動していきましょう!

2016年5月江口博先生講習会

2016-05-22 19:09:23 | 日記
2月27日土曜日。
東京より江口先生をお招きして今年第2回の講習会を行いました。
講師:江口 博(中国伝統武術 掌友会代表 太極拳推手倶楽部 代表)

太極拳


推手
離れておこなって正しく出来ているか確認



八卦掌




次回は6月19日13時〜17時に講習会を開催します。

見学歓迎致しますのでお気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせは下記アドレスまで。
toyokawatyuugokubujyutu@gmail.com
お名前と件名「見学希望」をご記入の上、送信お願い致します。

興味のある方は是非連絡をください。私たちと一緒に活動していきましょう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月29日練習

2016-04-29 18:55:50 | 日記
今日の練習は、急用が出来たメンバーがいて人数が少なかった。面子的に八卦掌に練習の日にした。
じっくり走圏から練習して、対練をする。
何かおかしかったり、押し負けると、また走圏をやって正しく出来てるか確認してやり直す。

単換掌など動作の途中で力が通っているか押してみて崩れないようにチェックし合ったりした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月練習会

2016-04-17 18:44:06 | 日記
今年度一回目の練習。
推手をたくさんやる。

今日はメンバーが杖を持って来たので、こう来たら、などと遊ぶ感じでやりあう。違った事をやると、話が弾み刺激もあって楽しい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月27日練習会

2016-03-27 18:34:54 | 日記
年度末でなかなか予定が合いませんでしたが、今日は豊川で練習会。
2月の講習会で指導していただいた事の復習。
普段は出来ない対人練習もたくさんやる。


中心を探って崩してみる


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年2月江口博先生講習会

2016-02-27 18:22:09 | 日記
2月27日土曜日。
東京より江口先生をお招きして今年第一回の講習会を行いました。
講師:江口 博(中国伝統武術 掌友会代表 太極拳推手倶楽部 代表)

走圏の指導




推手

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

太極拳 「コンステレーション」

2012-02-26 19:10:06 | 日記
誰にでも時間を忘れて集中できるものがあると思います。
ゲーム、パチンコ、マンガ、女の子とのカラオケ、ぷちぷち潰し、など、とにかく「熱中できること」です。

世の中には偉業を達成する人々がいますが、彼らはそのカテゴリーに熱中していただけなのかも知れません。

例えば大リーガーのイチロー選手は、野球の練習が他の何よりも大好きで、時を忘れて熱中していたら結果的に大リーグ屈指になっていた、とかです。
おそらく、彼が「大リーガーになって活躍したい」と思って練習をしていたら、あれほどの選手になっていなかったのではないでしょうか。

結果を追求していくと、うまく行かなかった時に投げ出してしまいがちです。
しかし「何よりも好きでたまらないから、やる」だったら、過程そのものが熱中の対象ですから、結果なんて付録に過ぎないわけです。

才能というものがあるなら、その分野に対して「何より大好きである」のが一番の才能ではないかと思います。
武術で強くなる人は武術の練習が好き好き大好きS・S・Dなのでしょう。


これをご覧になっているあなたは、熱中できる何かをお持ちでしょうか?


●太極拳クラス

今日はあんまり時間がとれなかったので、いきなり型です。
37式の最初の部分をしっかりやってみました。

東洋医学の概念では「陽気」は胸から手に流れて頭に入り、頭から足へ降りて、今度は上に昇り、上体に入った後、最終的に体表に出て体を守る、と考えられています。
その為、通り道である「手」と「足」が温かくなっていないと陽気が巡っていない、どこかが詰まっている、という事になります。

太極拳などを練習していて手足が温かくならない場合、どこかに障害があるか、気が巡るような練り方をしていない可能性があります。
鄭子太極拳は特に気を練るために考案された型だそうなので、こうした事も念頭において練習してみました。

次いで、四正の単式練習。
最も重要な4つの技をくり返し反復します。
これを無意識に出来る様になれば、大抵の敵はあしらえると思います。(多分)

最後は推手。
相手の力を感じて、逆らわず、滑らかに攻防するのです。
健康になるだけなら型をポイントを守って行えばOKですが、武術として習得する場合、この推手が必須なのです。





来月から会の運営システムが変わる為、練習記は今回が最後です。
今までこのブログをご覧下さった皆さまに心よりお礼申し上げます。
ありがとうございました。


タイトルの「コンステレーション」というのは英語で「星座」の意味ですが、ユングの心理療法では「めぐりあわせ」を指します。
星座は距離も大きさもバラバラな星々が意味ある形に並んでいる様に見える事から、良い事も悪いことも、あらゆる出来事が人の人生を形作ることに意味をなしている、という考えから名付けられた概念です。


私たちの「縁」も、出会いにしろ別れにしろ、それぞれの人生においては必ずなんらかの意味があるのではないでしょうか。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

戴氏心意拳 太極拳 「シンプル VS ミステリアス」

2012-02-20 20:32:54 | 日記
40を超えると人生も半ばと言われますが、200年生きるとしたらまだ1/5しか経過していないことになります。

とは言え、200年も生きていると100年に一度の大災害に2度も遭ってしまう可能性がありますし、年金も貰えなくなっているかもしれません。

しかしハレー彗星をまた見れるし、関係者がとっくにいないからAKBの前田とつき合っていたと言い張る事も可能です。

長生きが良いのか悪いのかやってみないと分かりませんので、とりあえず太極拳やったり早寝早起きしたりしてみましょうー。



●いろいろ

前半は先週勉強会に参加した2人で戴氏心意拳の復習をしました。

相変わらす丹田功は難しいし、虎歩はもっと難しいです。
何をもって「よし」とするのか全然掴めません。
戴氏心意拳はシンプルな拳法だとされていますが、それ故に根本がずれていると違う方向に行きかねません。

後半、メンバーが増えたので太極拳に切り替えます。
太極拳は人を惑わす拳法です。
敵を欺くにはまず味方からと言いますが、自分すらも欺く事で敵を翻弄するミステリアスな武術なのです。

今日はこの真っ直ぐな心を持つ少年の様な戴氏心意拳と、男を嵌める悪女のような太極拳という対称的な拳法2つを練習いたしました。

って、太極拳イメージ悪いですねー(笑。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

戴氏心意拳  江口先生勉強会 2012・2月

2012-02-14 19:34:20 | 日記
今年初めての江口先生をお招きしての勉強会です。
今回は全員が戴氏心意拳の講習を受けた事があるメンバーだったため、心意拳クラスのみになりました。


ちなみに中部地方で戴氏心意拳・第六代伝人の教えを受ける事が出来るのは豊中だけですよー(多分)。
一応宣伝しておきます(笑。


●戴氏心意拳クラス

まずは丹田功
戴氏心意拳といえば丹田功、丹田功と言えば戴氏心意拳、というぐらい基本中の基本で、最も重要な鍛錬法です。


「菊正宗を飲むと旨い物が食いたくなる、旨い物を食うと菊正宗が飲みたくなる」みたいな感じです。

この丹田功、見た目は簡単そうですが、とにかく難しい!
何回やっても上手く出来ません。
しかし丹田功とこの後やる虎歩が出来ないと、後でどんな技を学んでも威力が伴わないハリボテになってしまうので避けては通れません。
発祥の地では入門者は3年間丹田功のみというのも理解出来るような気がします。

更に虎歩。
丹田功に歩法を組み合わせた、これまた重要な鍛錬法です。
本格的にやると丹田功を経て3年にようやく学べるものなので、ちょっと申し訳ないです。
とはいえ、丹田功の積み重ねがあってこその虎歩で、丹田功が出来ていない我々には更に難しく感じるのでした(涙。
力がどっかに行ってしまう感じです。
これがまとめられると強大なパワーが生み出せる様になります。
先生の強大なパワーを何度も身をもって体験しました!(笑



その他、突きを組み合わせた技、通称「かめはめ波」と呼ばれる技なども教えて頂きました。



そして対練。
ここでも丹田功が必要となります。
相手の攻撃を片腕を介して吸収してしまう技法、さらに両手で巻き込んで反撃する技法などを学びます。

先生と何回も対練させて頂きましたけど、全員恒例の「逆袋叩き」にされましたー;;
いや、ホント手も足も出ないですよ。








江口先生いわく、
「正しい方法はシンプル。複雑なものはニセモノ」
だそうですが、戴氏心意拳は正にそれを体現した拳法です。
必要不可欠かつ必要充分なエッセンスで構成されているのです。


ご指導頂いた江口先生、ありがとうございました。
参加して下さった会員の皆さん、お疲れさまでした。
貴重な武術なのでじっくりと練習していきましょう。
戴氏心意拳をやってみたい方も大歓迎なので、是非いらして下さいねー。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

太極拳 「Largo」

2012-02-05 17:34:41 | 日記
人間の脳から社会性を司る前頭葉を切り取ると、残る部分はネコの脳と構造がそっくりなのだそうです。
そのため、犬の顔を見ても何を考えているか良く分からないけど、ネコの表情からは今、どんな気持ちかある程度読めるのだとか。


脳の構造がネコに似ていると言うことは、運動能力もネコみたいにコントロールできる可能性があります。
ネコを人間に置き換えると古の達人が家の屋根に飛び乗ったとかいう話も決して大げさではないと思うのです。


という訳で、武術でネコの能力を覚醒させて屋根にヒョイヒョイ飛び乗ったり、音もなく友達の背後に忍び寄ってイタズラしたりしてみましょう。

●太極拳クラス(のみ)

今日は管理人とFさんの2人だけです。
自然、太極拳だけになりました。

いつものようにブラブラ運動を念入りに行います。
ついでに上体の姿勢についても色々と考えてみました。

37式。
これを特に時間を割いてやってみます。
というか、一式一式細かくやっていたら、推手とかやる時間が無くなってしまったのですがね。

太極拳の型をゆっくりやるのには様々な理由がありますが、イメージとしては「なが~~~~~~~~~~く」という感じです。
少林拳の総称である「長拳」は、大昔は太極拳の事だったそうです。
連綿と、どこまでも続くような雰囲気がそう呼ばせたのでしょう。
「Largo(ラルゴ)」という言葉がしっくりきます。
クラシックのゆったりとした音楽に合わせてやったら良さそうですねー。



おっさんたちの柄ではありませんが!(笑

来週は江口先生の勉強会です。
宜しくお願い致します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

太極拳 八卦掌 「護身術」

2012-01-30 00:00:44 | 日記
昭和初期に活躍した「柳谷素霊(やなぎや・それい)」という鍼灸の達人がいます。
たくさんの弟子を育てて現在の東洋医学にも大きな影響を与えた人ですが、この先生の教授法は一風変わっていました。

弟子が分からない所を質問すると、
「お前はどう思う?」
と逆に聞き返されるのです。
面食らいつつも弟子が自分の考えを言うと「それだからどうした?」「もっとよく考えろ」と更に追求されます。
聞かれてもすぐには答えず、生徒に徹底的に考えさせる事で物事を習得させようとしたのです。

大抵、人から聞いただけの事というのは頭に残りません。
しかし自分で調べたり、考えたり、試行錯誤して憶えた事は身につきます。
人に聞くにしても、自分で考えた末に聞くと「あ、そうか」と腑に落ちるのです。

柳谷氏に限らず、昔の人はみんなこうやって勉強したらしいですね。

ちなみに江口先生も質問すると「あなたはどう思います?」と聞き返されます。伝統的な勉強法は武術も学問も同じみたいです。

●両クラス

今日は対練に時間を割くために基本をササッとやってすぐ両クラス合流しました。

さっそく推手から始めます。
八卦クラスからチェンジした方が何人かいたので、単推手と迎面吸化掌をそれぞれやりこんで、太極拳と八卦掌の違いとか共通点などを色々研究してみました。



その後は双推手を「ちょっとマジ」でやってみます。
力を入れずに滑らかに、は基本ですが、油断していたらひっくり返したり追い詰めたりして良い、というルールです。
所々でいつものバトルが始まりました(笑。



最後は型の応用を護身術的にやってみます。
誰かに絡まれた時、相手が悪いからといっていきなり拳を顔に叩き込むと後々問題になるので、もみ合いつつも最終的に相手を制する研究をしてみました。

太極拳、八卦掌の型の中から2つほどピックアップします。
キュッと絞めた後、壁に貼り付けて身動きとれない様にします。
地面にべったり寝かせる方がより安全ですが、そこまで持って行くのが難しいので、応用が効くやり方を試してみました。
街を歩いていて、あるいは電車の中でヘンな奴に因縁をつけられたら使ってみましょう(笑。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加