quarternoteな日々

撮りたいモノ書きたいモノを流れるままに

大いなる思い違い

2016年10月14日 23時59分59秒 | 日記
こんばんはーーー

元気?

私は元気よ。

だけど、さっきからくしゃみが止まらないの。

風邪?

花粉?

一週間後に本番なのでそれはいやだな。

とにかく今日も働いて稽古しました。

久しぶりに稽古場であくびがとまりませんでした。

疲れてるっ  

老体に鞭打って  な  現場 です。

若い人(10代~20代)が多くて、そのなかで同じように動いてると

息切れ半端なく。

疲れも取れにくくなってるし、疲れやすいし、

あっ、でも、同世代女子もたくさんいるので心強いです。

そう、今回、出演者が多いのです。

なのでめっちゃ若い子から同世代までいっぱいいて助かります。

いろいろ、刺激。

明日も明後日もロング稽古。

きっと、本番前のみっちり濃縮稽古はこの土日だけだろうから

しっかり、ぎゅぎゅっと、濃いい稽古をしたいです。



自転車で帰りながらね

17~18年前のことを思い出していたの。

いろいろあったけど、その中でピヨン!と思い出したのが

町内会か自治会で瀬戸内シトラスなんちゃらってとこに行ったこととか

町内会主催?の手話教室に通ったり体操教室に通ったりしてたの。

町内会?自治会?のその旅行はおじいちゃんおばあちゃんだらけの中に

若い子(私)はすごくめずらしくて。

このころの私は、自分が繊細だとか神経質だなんて思ってもみなかった。

引っ込み思案とか人見知りだとか 気づいてなかった。

どこへでも平気で一人で行けて、その場で知り合った人と仲良くするなんて朝飯前だった。




と思っていた。


今、思い返せば、それって、ただ、たんに、感覚を鈍くさせていただけだった。

にぶく、鈍感に、がさつに、

考える ということを放棄していたような気がする。


誰とでも仲良くなれて、人と付き合うのが好きで

なんて

とんだ思い違いをしてたなーー

などと思い出してた。

その時より今のほうがとても地に足つけてる感じ。

この世界と向かい合ってる感じ。

がする。


時間がかかってようやく自分がなにでできているのか

わかってきた。

きっと、遅いほう。

だけれども、光 がみえた  そのこと だけで  良いのだ。

センスもなく器用でもないから

かなり時間がかかるけれど

それでしか行けないのだ。

人をうらやんでも しかたないこと。

自分がどんな性質性能なのかみきわめて

そのうえでのたたかいかた。

です。



まだまだ  これからです。

見極めて、見張って、考え抜いて。



ぐんなーーい  あなたも良い夢を
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 薬と毒 | トップ | PROJECT Fe 『ぜんまい』 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。