あまゆいろ

大阪で活動中のバンド「天色」のヴォーカル、マユのブログ☆

京都岡崎音楽祭

2017年06月14日 | 日記
先日は、初めての岡崎音楽祭へ
といっても、ロームシアターでのオーケストラコンサートを堪能しただけでなのですが

高木正勝さん×広上淳一 さん×京都市交響楽団 ×アン・サリー さん
という素晴らしいキャスティングで
本当にステキな時間でした

高木さんが作曲された『おおかみこどもの雨と雪』、『バケモノの子』の楽曲たちが、広上さんの指揮と京都市交響楽団の演奏によって、命が吹き込まれる

重なり合う美しいハーモニーが、映画シーンだけでなく、様々な情景を映し出してくれる
そして高木さんのピアノとアンさんの温かい歌声が、会場を包み込み
ひとりひとりに、その命が伝わって心がふるえる


その日その時の
感情が揺さぶられ
心が動かされたその時の感覚が
翌日にまで、ふわふわと続いていて
だけど、月曜日の日常が始まる頃には
すっかりその感覚が消えてしまって

あの時の感性を引き出そうと思っても
やるべきたくさんの日常のことに追われ
多くの情報が心や頭をいっぱいにして
1ミリも感覚を取り戻せないでいる

あの感覚の中で
あの感性に包まれて
生きていく事が出来るのなら

どんなに良いだろう
どれほど心地良い時間が流れるのだろう

それはきっと
偽りなく
無理もなく
等身大で歩くことのできる
理想の道
そして、誰もが産まれながらに持つ
本来の道


そんな風に
そろそろ自分を歩きたいもんです

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大平くん(ghostnote)と美容... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL