今日の健康な肌

知りたいニュースや商品をを速報でお届けします。
また健康に関することも時々お届けします。

いぼ痔の手術の痛みや入院期間って?

2012年12月15日 | いぼ痔
いぼ痔の手術の痛みは個人差はありますが割と少なく、入院期間も三日から1週間と短くなっているんです。

以前のいぼ痔の手術は、いぼ痔を切除して縫合するやり方が一般的だったために、出血や痛みも強い傾向にあっただと言われているのです。

しかし、近年、PPH手術という患部を専門の自動吻合器で切除して、外痔を大腸へ戻す方法(事前に調べることで失敗の確率を減らせることもあると思います)が一般的なっているものです。

この手術で大腸に外痔を戻す事によって、肛門も痛みを感じる事が少なくなります。

また、ジオン注射と言う術式もありますし、痔を小さくする効果があるでしょう。

ジオン注射なら、患者(まずは、自分が病気であることを受け入れて、治療のための努力をすることが大切ですね)さんの身体的負担もかなり少なくなるでしょう。

いぼ痔の手術後は、翌日までは安静にすることが重要でしょう。

排便などは手術当日から出来ますけど、とにかく安静にし、ゆっくりと過ごすようにします。

退院後に痛みや出血があった場合には、すぐに病院に行くようにすると良いですよ。

いそがしくて入院するというのは難しいと言う人は、日帰り手術もできるので、お医者さんに相談してみて下さい。

ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 衆議院選挙で自民攻撃強める | トップ | 熊田曜子、永井大も…ペニオク... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。