風の向こうに  

前半・子供時代を思い出して、ファンタジィー童話を書いています。
後半・日本が危ないと知り、やれることがあればと・・・。

神詞 カゴメ

2016-12-24 17:27:23 | 神詞

 

2016.12.22 1;55

 


 

大岩に満つる光にやがて開(明「あ」)く

 

岩戸(とびら)の奥に見える人影

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

『かごめかごめ』 私的解読(あくまでも私的です)

 

カゴメカゴメ ㅡ岩戸

籠の中の鳥は ㅡ岩戸に囚われている(隠れている)光・神人(真天皇)は

いついつ出やる ㅡいつお出ましになるのだろう

夜明けの晩に ㅡ闇に包まれてしまっている世が、正に明けようとしている時

(異民族に侵略されかかっている時、大和民族がそれを防

ごうと頑張っている時に)

鶴と亀が統べった ㅡ○○〇と○○○が支配している時

後ろの正面誰 ㅡ真(まこと)の皇統を継ぐのは・・・・・・?



 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あるブログから 本日の・・... | トップ | 娯楽物じゃない時代劇満喫  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

神詞」カテゴリの最新記事