Amadeus

クラシック音楽の紹介、評論

らららクラシック

2017-07-08 06:12:45 | 日記

バックナンバー

 

グリーグの「ピアノ協奏曲」~これこそ真の北欧だ~

北欧ノルウェーを代表する国民的作曲家グリーグ
名作「ピアノ協奏曲」誕生の裏には
ピアノの魔術師リストのアドバイスがあった!?
そして北欧の大自然を不思議と連想させる
メロディーの秘密とは?
ノルウェー愛にあふれたグリーグの名作を紐解く
グリーグ

ノルウェーがいっぱい!?

雄大なフィヨルドや流れ落ちる滝など、聴くと不思議と北欧の自然を思い浮かべるこの作品。グリーグがこよなく愛したのがノルウェーの自然でした。ノルウェーでは、自然を象徴するものの一つに精霊「トロル」という存在があります。ノルウェーの伝説にしばしば登場するこの森の精霊になぞらえ、作曲家グリーグは自らを「小さなトロル」と呼んでいました。そして、グリーグは大自然の中に小さな作曲小屋を作り、作曲に没頭しました。大自然の力と恩恵を音楽で表現しようとしたのです。さらにノルウェーに根付く古くからの民謡や舞曲を収集するなど、素朴で温かなその響きはグリーグの創作の源となり、いくつもの曲が生まれたのです。

グリーグが愛したノルウェー独特の伝統楽器、ハーディングフェーレ。
スタジオでは奏者の山瀬理桜さんに楽器を紹介頂きました。グリーグのピアノ協奏曲には、ノルウェーの民俗舞曲「ハリング」が一部取り入れられています。その特徴は「独特なリズム感」。当時の一般的なクラシックでは1拍目にアクセントがくるものが多いところ、グリーグは、1拍目ではない所にアクセントを置くことで、ノルウェーらしさを曲に封じ込めたのです。クラシック作品に、あえて民俗音楽のエッセンスを取り入れたこの作品。当時、聴衆に斬新な印象を与えたそうです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あんジェラ・ヒューイット ... | トップ | N響コンサート第1861回定... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。