Amadeus

クラシック音楽の紹介、評論

らららクラシック

2017-07-01 06:13:35 | 日記

新企画!ブルース・リーを愛したピアノの巨匠の物語 (1)幻のピアニスト・リヒテルの素顔(2)ピアノの巨匠が愛した日本(3)リヒテルがピアノに求めたもの

偉大な演奏家の魅力を解剖する新シリーズ第1弾として、ソ連出身で20世紀最高のピアニストと呼ばれたリヒテルを取り上げる。鉄のカーテンの時代、西側では幻のピアニストと呼ばれたリヒテル。日本には大阪万博が開催された1970年に初来日、以来8回も訪れた。親日家だった背景には、彼を心からもてなした通訳や調律師の存在があった。今回は彼らの証言をもとに巨匠リヒテルの素顔に迫る。【ゲスト】反田恭平(ピアニスト)

「前奏曲集 第1巻から 西風の見たもの」
ドビュッシー:作曲
(ピアノ)スヴャトスラフ・リヒテル
(3分20秒)
~蕉雨園(東京 文京区)~

シェアするhelp

  • twitter
  • facebook
  • google
77金曜
 午後9時30分 午後10時00分

「グリーグの“ピアノ協奏曲”」

ピアノ愛好家必見!これこそ真の北欧だ (1)ノルウェーの国民的作曲家は自らを妖精「トロル」と呼んだ!?(2)傑作誕生の裏にはピアノの魔術師のアドバイスが!?

グリーグの代表作「ピアノ協奏曲」は、真の北欧を追い求め、書き上げた作品です。大自然を愛するあまり自らを森の精霊に例えたり、森の中の特別な小屋で作曲したり、ノルウェー独自の民俗音楽や伝統楽器に心ひかれたグリーグ。北欧の自然を不思議と連想させるメロディーの秘密に迫ります。人気若手ピアニスト反田恭平が感じた楽曲の新たな魅力も紹介。ノルウェー愛に満ちた名作を味わいます。【ゲスト】正木文恵(ピアニスト)

楽曲

  • 「ピアノ協奏曲 イ短調 第1楽章から」
    グリーグ:作曲
    (ピアノ)反田恭平、(指揮)アンドレア・バッティストーニ、(管弦楽)東京フィルハーモニー交響楽団
    (6分20秒)
    ~CT101~

シェアするhelp

  • twitter
  • facebook
  • google
714金曜
 午後9時30分 午後10時00分

「とことん音楽!私のショパン」

華麗なヴェールに隠された真実 高橋克典は苦手なショパンを克服できるか?(1)パリで活躍!セレブなショパン(2)祖国愛の情熱家ショパン(3)二つに引き裂かれた心

「ショパン好きな女性が苦手」と語るMCの高橋克典。苦手な理由は「きれいすぎる」とのこと。そこで、ショパンを愛するピアニスト仲道郁代が、「それはもったいない!」とあの手この手を使って、克典が持つショパンのイメージを覆していきます。華麗なヴェールの下には、ショパンの心の叫びが!一流演奏家ならではの視点で解き明かす、作曲家の真実。果たして、克典の苦手は克服されるのか?【ゲスト】仲道郁代(ピアニスト)

楽曲

  • 「ワルツ変ホ長調作品18 “華麗な大円舞曲”」
    ショパン:作曲
    (ピアノ)仲道郁代

    「練習曲集から ハ短調“革命”」
    ショパン:作曲
    (ピアノ)仲道郁代

    「バラード 第1番(カット版)」
    ショパン:作曲
    (ピアノ)仲道郁代
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宮崎国際音楽祭2017マイ... | トップ | N響コンサート第1860定期公演 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。