Amadeus

クラシック音楽の紹介、評論

フィルハーモニア管弦楽団演奏会

2017-07-16 04:52:42 | 日記

7月16日(日)放送
<フィルハーモニア管弦楽団演奏会>

イギリスの名門オーケストラ、フィルハーモニア管弦楽団は1945年創設。カラヤン、トスカニーニ、フルトヴェングラーといった巨匠を招き、歴史的名演を繰り広げてきました。今回の来日公演は、首席指揮者サロネンによるオール・ベートーベン・プログラム。ソリストはショパン国際ピアノ・コンクールの覇者チョ・ソンジンです。

1.序曲「命名祝日」ハ長調 作品115
2.ピアノ協奏曲第3番 ハ短調 作品37 
3.交響曲第7番 イ長調 作品92 (以上 ベートーベン)

管弦楽:フィルハーモニア管弦楽団
指 揮:エサ・ペッカ・サロネン
ピアノ:チョ・ソンジン
(2017年5月21日 横浜みなとみらいホール)
 

<コンサートプラス> チョ・ソンジンのショパン

ノクターン ハ短調 作品48第1(ショパン) 

ピアノ:チョ・ソンジン
(2016年1月29日 東京芸術劇場コンサートホール) 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« らららクラシック | トップ | アキロン・クァルテット演奏会 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。