Amadeus

クラシック音楽の紹介、評論

サンクトペテルブルク・フルハーモニー交響楽団演奏会

2016-10-31 04:50:58 | 日記

9月11日(日)放送
<愛と平和への祈りの歌 / サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団演奏会>

前半は、デビュー20周年を迎えた日本を代表するソプラノ、森麻季が歌い上げる「祈りの歌」。
後半は、200年以上の歴史を誇るロシアの名門オーケストラ、サンクトペテルブルク・フィルの演奏会です。戦争の悲劇を楽譜に刻みつけたショスタコーヴィチの大曲を、芸術監督テミルカノフの指揮でじっくりお聴き下さい。

<愛と平和への祈りの歌>
「悲しみの聖母」から(ペルゴレージ)
「レクイエム」から「ああ イエスよ」(フォーレ)
「アヴェ・マリア」(マスカーニ) ほか

ソプラノ:森麻季      メゾ・ソプラノ:林美智子      ピアノ:山岸茂人  ほか
(2016年6月13日 NHKスタジオ)

<サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団演奏会>
交響曲第7番ハ長調 作品60 「レニングラード」(ショスタコーヴィチ)
管弦楽:サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団
指 揮:ユーリ・テミルカノフ
(2016年6月2日 サントリーホール)


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クラシック大作曲家の肖像(... | トップ | セルゲイ・ナカリャコフ ト... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。