Amadeus

クラシック音楽の紹介、評論

N響コンサート 第1843回定期公演   

2016-10-17 05:02:32 | 日記

10月16日(日)放送
<N響 第1843回 定期公演>

旧ソ連・エストニア出身のパーヴォ・ヤルヴィが、幼い頃から多大な影響を受けてきたロシア音楽を披露します。前半は、スケールの大きな演奏が持ち味のマツーエフを迎えて、20世紀を代表するピアノ協奏曲の傑作。後半はラフマニノフの音楽家人生の集大成とも言える交響曲です。演奏の難しい作品にパーヴォとN響がどうアプローチするのか、注目です。

1.ピアノ協奏曲 第2番 ト短調 作品16(プロコフィエフ)
2.交響曲 第3番 イ短調 作品44(ラフマニノフ)

管弦楽:NHK交響楽団
ピアノ:デニス・マツーエフ
指 揮:パーヴォ・ヤルヴィ
(2016年9月30日 NHKホール)
 

<ネヴィル・マリナーさんをしのんで>

10月2日に92歳で亡くなったネヴィル・マリナーさん。N響ともたびたび共演した世界的指揮者をしのんで、彼が得意としたモーツァルトの交響曲をお送りします。

交響曲第35番ニ長調 K.385「ハフナー」(モーツァルト)

管弦楽:NHK交響楽団
指 揮:ネヴィル・マリナー
(2014年2月19日 サントリーホール)


 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クラシック大作曲家の肖像(... | トップ | ダニエル・ミュラー・ショッ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。