AMASHINと戦慄

~STARLESS & AMASHIN BLOG~
日々ブログレッシヴに生きる

大和郡山ミステリー

2015年01月04日 | 名所ガイド、巡礼記
や、新年の挨拶が少しおくれましたが、
明けましてましておめでとうございます。

9日間という長期休暇にもかかわらず、年末年始はこれといったイベント事もなく、大掃除もはかどらず(ていうか引っ越しせんと無理)もうホンマにダラダラと無意義な時間を過ごしちまって新年早々死にたくなります。
寒すぎて家から出たくなかったてのもありますが、家でもほとんど夢の中で過ごしているというありさま。
仕事始めが怖すぎて新年早々死にたくなります。


それでも正月2日目は決まって姉ファミリーと大和郡山のいつものイタめし屋で新年会って行事だけは避けられません。
親戚付きあいは苦手やけど、それは私にこれといった用事がないのがいけないのです。
ピザとパスタをたらふく食い、甥っ子どもにお年玉をくれてやってから初詣・・・・

という例年通りの運びにはならず、イタめし屋の近所に郡山八幡神社なんておあつらえ向きの詣で所もありましたが、前を素通りするだけにとどめました。
家族の者も寒いので早く家に帰りたがっていたので。




それでも、私だけ車を降りて少し郡山の寂れた商店街を散策してると、アキ・カウリスマキ監督のフィンランド映画に出てきそうなガソリンスタンド跡を改築したと思しきアンティークなカフェを発見。




そこで車の中で待たせている家族の者にコーヒーはいらんかと電話で聞こうと思ったら、ケータイを家に忘れてきていることに気がついた。
その店の敷地内に懐かしい電話ボックスを発見したので、こういった古風な趣きもいいものだなと、久々に忘れ去られたアナログ時代の密室で電話しようと10円玉を手に近づいていったら・・・・

?!?!?!
なんだかそのボックスの様子がおかしいことに気がついた。



そこで私は、そのボックス内の空間に浮遊するありえざる赤い物体を見出し、驚愕のあまりキング・クリムゾンの「CIRKUS」の曲中でゴードン・ハスケルが発してたような素っ頓狂な奇声をあげてひっくり返りそうになりました。

こんなバカなことがあろうか!!

さ、魚が泳いどるやんけ!!しかも中にあるのは電話などではなく、レゴ??!!


まるで大正時代にタイムワープしたかのような摩訶不思議デカダンスショック!
ここはパノラマ島か??
K-Coffee


とまぁ、しらじらしくも面倒くさい演出はここまでとして。
そうなんです。
なにを隠そう、大和郡山市は金魚の養殖業が盛んな町として有名なんですよねぇ~
だから、電話ボックスの中に金魚が泳いでるだなんてことは、ここ大和郡山では普通のことなんですよ。

大和郡山市を舞台にしたこんな少女マンガとかもあるくらい。
「すくってごらん」・・・てか。ここいらの娘を口説くときの殺し文句なのだろうか?



大和郡山イオンいったら、巨大な金魚に軽くからまれますしね。

「見せモンじゃねぇぞコラ!」ひ、ひぃ~~~~っ



てなわけで、今年もよろしくお願いします。




今日の1曲:『CIRKUS』/ KING CRIMSON
『奈良県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベトナム珈琲とゾス神話群 | トップ | DOOMS DAY »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

名所ガイド、巡礼記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。