愛犬散歩と&菜園暮らし・・・気まぐれ日記

ブログご来訪に感謝!神戸湊川神社近くで産湯に浸かり現在武蔵一宮氷川神社近くの氏子、愛称金チャン宜しくです!m(_ _)m

U-20W杯ベスト8に残る為何をすべきか!感慨深い幕切れ!

2017-06-01 22:21:06 | サッカー
U-20W杯決勝トーナメント一回戦ベネズエラ戦、延長戦の末0-1で敗れる!

   
   
   ※試合結果資料借用

10年振りのU-20W杯アジア代表と決勝への進出と一回戦、ご苦労様でした。
日本代表メンバーは、決勝でしか味わえない貴重な体験をしました。   
   
   ※ベネズエラ戦スタメン資料借用

予選無敗で無失点のベネズエラは、勝負しぶとさと勝の執念が日本より紙一重で優っていました。
世界大会では、サッカーの上手さだけでは勝てないのが現実!







◆世界と戦ってこそ「あと20cmの精度の必要性!」が分かった!
勝利の女神の微笑みは、一瞬!0.1秒の判断と反応でゴールか否かが決まる!
   
   
   ※MF堂安選手はここ一番でFKの決め(あと20cm軌道が枠に入れば)
   
   
   ※GK小島選手は誰がヘディングするかで立ち位置予測(20cm右にステップしていれば)
   
   
   ※DF冨安選手は相手ヘディングは誰かの予測(20cm強く寄せていれば)

「あと20cmの精度!」、これが世界との戦いで勝負が決まります!
相手が強くても、チ-ム全員がゴール前に迫る気迫・パワ-・技量・知恵で攻め、一瞬の隙を0.1秒
の判断と反応で仕掛けられるか?が全てです。

<U-20W杯ベネズエラ戦後の内山監督会見・敗因談>
   
   ※試合後の内山監督画像借用

一番肝心な、オン(ボールを持っている状態)の精度について勝負どころで差が出たと思います。
今日の試合もそうでした。疲れている中で、ここでスピードを上げていこうというところの手前での
ちょっとしたミスが(日本には)ありました。

-中略-

ここの精度をやはり(上げないといけない)。一番厳しい戦いの中で、マイボールになってフィニッシュ
までいけるのか、そのボールをまた奪われて、また守備の時間か、あるいはカウンターになってしまう
のか。これは大きな差ですね。そこの精度の差。これは日本の課題です。


「2017年5月31日(水) 00:45
 スポーツナビ」
U-20W杯ベネズエラ戦後の内山監督会見
「選手たちは胸を張って帰れる」より







◆将来日本サッカーの夢を引き寄せるのは、君たちです!
U-20世代の選手には、2020年東京五輪・2022年W杯カタール大会の目標があります。
各選手の考え方ですが、今回の課題を各々が克服し、「あと20cmの精度向上」へ成長して欲しいです。

身近な目標として、現在A代表の座を勝ち取ったベルギーFW久保裕也選手がいます。
   
   ※日本A代表FW久保裕也選手画像借用

元U-23代表の彼は、リオ五輪にスイス所属クラブの都合で参加が出来なかった!
その悔しさを、試合の得点で実績を上げ、ベルギーに移籍し大爆発しました。

現在ハリルジャパンの日本A代表に呼ばれ、2018年W杯ロシア大会本選出場のキーマン、
「あと20cmの精度の向上が出来る選手」にまで成長しています。
   
   ※ベルギーFW久保裕也選手画像借用





U-20代表選手諸君、FW久保裕也選手へ続け! 未来は明るい、頑張れニッポン!





店主ブログへのご訪問とご拝読を、誠に有難うm(_ _)m御座いました。
最後にお願い、オジさんブログその他男性日記のランキングに参加しております。
お手数ですが、下記ブログ表示ヶ所の「ポチ」をお願い申し上げます(^_^;)
ご協力を[^ェ^] を有難う御座います。
全てに感謝U\(●~▽~●)У ブログ店主 金谷  拝
ジャンル:
ワールドカップ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月29日(月)のつぶやき | トップ | 6月1日(木)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。