わたしの散歩道

ブログを始めました。

初夏にはなやぐ五月のばら

2017-06-09 12:02:07 | Weblog
バラの季節である。五月の明るい日差しを浴びてバラはひ
ときわ美しくはなやぐ。緑の風がそよぐ京成バラ園を訪ねて
みたくなった。

5月29日(月)、五月晴れ。電車を乗り継ぎ東西線の東葉
勝田台行に乗る。午前9時ごろ八千代緑が丘駅に着いた。京
成バラ園は駅から徒歩15分という。


   エスメラルダ 1981 HT 作出者コルデス

南口から東葉高速鉄道に沿った歩道デッキを歩くこと3,4
分でデッキは終わり車道に下る。目の前の信号を渡り高架下
をくぐり東葉高速鉄道に沿った並木道を行く。

爽やかな木陰のある並木道は赤いバラマークもあり散策を楽
しみながらたどる。10分ほど歩くと並木道は終わり車道を
左折すると,京成バラ園が見える。


   結愛(ゆあ) 2011 F 作出者竹内俊介

京成バラ園に9時20分ごろ着いた。京成バラ園では「ロー
ズフェステバル2017」が開催中で多くの人でにぎわう。

緑に囲まれた園内は30,000㎡の敷地に、1,600種
10,000株が植栽されている。2015年フランスで開
催された第17回世界バラ会議において「優秀庭園賞」を受


        初夏の日差しはなやぐバラ園

賞した。また、京成バラ園芸は世界有数の「バラの育種会社」
でもあり受賞品種も数多い。

広い園内は見渡す限りバラの花が咲き乱れている。小高く見
晴らしのよい「ベルばら」のテラスから一望すると、初夏の
明るい日差しを浴びてバラは色とりどりに咲きそろい色も鮮


        バラが輝くメイン通り

やかに園内を染めあげて見事な美しさだ…。緑につつまれた
整形式庭園を巡り、一輪一輪を見つめれば目の覚めるような
美しい大輪があでやかに咲き誇り甘い芳香を漂わせる。

季節にもよるが、バラの香りが高いのは朝8時から10時の
間が最適という。

テラスでは、ベルサイユのばらシリーズ全6品種が植栽され、
ときめくような魅惑にあふれた「ベルばら」の主人公たちの
名を冠したバラ咲きそろう。


  フェルゼン伯爵 2009 F 作出者メイアン

誇り高き白バラのひと、オスカルフランソワは(白)、かぐ
わしき麗しの女王、王妃アントワネットは(赤)、あたたか
く咲く愛の従者、アンドレ グラン グランティ(黄)、香

り立つ紫の騎士、フエルゼン伯爵は(紫)、春風のような少
女、ロザリーラ モリエールは(ピンク)、愛、それは、情
熱の赤、ベルサイユのバラは(赤)。ロマンチックなメルヘ

ンの世界をかいま見た思いがする。


        青空にはなやぐ真紅のバラ

ベルばらのテラスから華麗なバラコースに入る。小高い見晴
台は黄色やピンク、パープル、赤のバラがあでやかに咲く花
の道をゆく。香りに引きこまれたりしながらそぞろゆく。

つるバラ系統の赤やピンク、アプリッコトのアーチが一つ二
つ三つとつづきゴージャスなムードに癒される。ゆるやかに
くだっていくと白バラが香るバーゴラのトンネルだ。


        赤やピンクのバラのアーチ

清楚な白バラに心が洗われるよう。数々のバラ園を見てきた
が、バラの特性を生かした植栽はパステルカラーの絵を見る
ようだ。その絢爛豪華なバラの美しさと香りに圧倒される。

そぞろ歩くと「愛のガゼボ」がある。白バラに囲まれた一角
に大理石のガゼボが建ち、「恋人の聖地」の碑もある。


    白バラが咲く「恋人の聖地」

そこからほど近いところに、つるバラ「フランソワジュラン
ビル」の大アーチがある。樹齢約50年だが年々花の数が増
えているという。人が小さく見えるほど大きい。

周辺にはポールで演出されたつるバラが空高く輝くように咲
き誇りすばらしい。

開催中の「香るバラ総選挙」KAORU24にも参加してみた。
選挙ポスター兼投票用紙には候補のバラ(24点)の番号、
名前、写真が載っている。


 ゲーテ ローズ 2011 HT 作出者 EVERS

バラ園の地図を頼りにバラを探し当てたら、花の品種やし香
りを確認し、ポスターの花にチェックしながらいく。エデン
の泉の周辺は候補のバラが多く植栽されていた。

嗅覚が鈍いせいか香りがピンとこない事案も多い。

園内のすみから隅まで歩いたおかげで、色々なバラも十分に
観賞できた。最後にイングリッシュローズが咲くバラの丘を
巡る。


ガーデンオブローゼンス 2007 F 作出者ゴルデス

クラシカルなバラや気品に満ちた高芯咲きの白やローズピン
クのバラは美しくにおう。暑いので木陰の多い散策の森をに
入り自然風庭園の周りの散策を楽しむ。

緑陰にもバラが咲きバラづくしだ。

世界有数の種苗会社が見せるバラ園を堪能。こぼれるような
美しいバラの数々に心がゆたかになったよう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 晩春を彩る八重のさくら | トップ | 葛飾 菖蒲まつり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL