あまねのにっきずぶろぐ

婚活している36歳の引きこもり女のブログでっせでっせでっせでっせ。
創作の詩と小説書きでっせでっせでっせでっせでっせ。

残光

2017-04-23 22:36:45 | 
そういえばわたくしはもう何年と、月を見ておりませぬ。
それでも月のあの明るい皓々として照らすすがたを、
わたくしはいつでも存分に想い浮べることができる。
見られないことが、なんにも哀しいことではありませぬ。
わたくしの見る月はいつ見ても、同じほどに美しかった。
それは或る意味、もう見なくても良い物であった。
自然物のそのすべて、見なくても良い物であった。
もう見る必要もなくなったのは、それはいつ見ても美しいものだと知ったから。
わたくしの心は、いつでも哀しかったので、すべては美しく見えてしかたない。
でもそれは言訳で、わたくしの心をいちばん哀しくさせたあなたを知ったから。
あなたを知ったわたくしは、それから残像を見ている。
花は枯れゆく瞬間を繰り返し咲き、その悲鳴を聴く耳朶をわたくしは喪った。
河を流れゆくあなたの亡骸を抱き、その血脈の目を見開き唇へ言葉を注した。
わたくしはそが岸辺に頽れあなたのうしろに手を回し、子宮に命を脱皮した。
いま風上に立ち竦んで自裁する、
白く皓々と暗夜にわたくしを見詰る月魄の残光。











『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春の日の午後 | トップ | 積さんとわんころ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。