あまねのにっきずぶろぐ

婚活している35歳の引きこもり女のブログでっせでっせでっせでっせ。
創作の詩と小説書きでっせでっせでっせでっせでっせ。

ファルロスと海

2017-06-18 20:28:31 | 
ファルロスの高層ビルから下に、海が広がっている。
本当に薄暗くて、気味が悪い。
何によってこの世界が呪われているか、誰も知らない。
知りたくもない。
その世界には、わたしと彼しか生きていない。
わたしは彼に、疲れきっていた。
もう顔も見たくなかった。
彼の顔は嫌いだった。
醜かった。
彼はわたしを脅迫していた。
どうでもいい面倒なことに執着し、わたしに嫌な言葉を吐き続けた。
死んでほしかった。
この世界から逃げられる方法がひとつだけあるのなら、あのファルロスから、わたしは海へ身を投じる。
わたしの愛は、海に閉ざされて、引き裂かれ、助けられ、感じたことのない感覚を求めたいだけなのかもしれません。
あなたの愛を、わたしは微塵切りにしてやりたかったんだよ。
わたしはあなたの存在を喪いたかった。
あなたに愛されたあとに、あなたをなくしたかった。
無限の呪詛と、無限の祝福がまったく同じものだと、あなたとわたしは知りたかった。
ここから、この気持ち悪い世界から、スタートしよう。
すべてが気色悪いモノと化した海の上で、わたしはあなたの子を産む。
人間味を喪った気色悪い怪物を何故あなたは愛したのでしょう?
それはわたしが人間だからですよ。
人間からスタートして怪物になっていき、怪物からスタートして人間になっていき、人間は怪物を求め、怪物は人間を求め、別々をあなたに提供できてますよ。
地獄が恍惚になっていきますよ。
人を地獄に喜んで突き落とせるようになりますよ。
愛は、無限で、無限が、愛ですよ。
死ぬことはできませんよ。
どんどん、地獄になっていきますよ。
どんどん、幸福になっていきますよ。
愛が膨らもうが縮まろうが興味がないですよ。
それも愛ですよ。
あなたをわたしは突き落としたかったんですよ。
わたしの真っ暗な海にね。
あなたの超無限信仰高速深考察が鬱陶しかったので、良い加減を見計らい、突き落としたかったんですよ。
ファルロスはそのために立ち聳え続けていますから。
やっぱり、飛び込みたくなりますよ。















『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 闇に架る虹 | トップ | 無限 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。