あまねのにっきずぶろぐ

婚活している35歳の引きこもり女のブログでっせでっせでっせでっせ。
創作の詩と小説書きでっせでっせでっせでっせでっせ。

白鳥は かなしからずや

2017-07-12 03:29:58 | 日記
白鳥は かなしからずや 空の青 海のあをにも 染まずただよふ

若山牧水





短歌鑑賞文





ただただ飛んでいる。
宛てもなく、死をも怖れず、何も想うこともなく、嘆きもとうに、過ぎ去りし、誰かは振り返るか?いな、そこに誰か居ようか?いな。
何処を飛びゆくのか、もう考えはしないであろう。
白鳥(しらとり)は何処までも、何処までも、ただ飛びゆく。
悲しまないでいられようか。
白鳥の目にもはや、何の色も映しはしないであろう。
何ものも、もう、掴まえることはできないであろう。
その色に、なんの意味があろうか。
もう何処かに行く必要もないのである。
白鳥はああして、ただ飛びゆき、何ものも待たない。
かなしからずや。
かなしからずや。
悲しくないはずがあろうか。
もう何も、あれを染められないのだ。














『芸術』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人工知能は新人間の夢を見るか? | トップ | 切刻 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。