あまねのにっきずぶろぐ

婚活している35歳の引きこもり女のブログでっせでっせでっせでっせ。
創作の詩と小説書きでっせでっせでっせでっせでっせ。

われめ

2017-05-20 14:29:38 | 
嗚呼、生きているんだな・・・・・・
涙が出る、生きているということが。
わたしはいつでも、死んだ者と会話をしている。
わたしにとって、死んでいることが、生きることだった。
彼女は「自分が生きているかどうかわからない」と言った。
わたしはその感覚こそが、生きていることだと言った。
どんなに喜びを感じても、どんなに恍惚を与えられても、
わたしの時間はあの日から止まったままのようだ。
母を喪った、三十一年まえから。
そうわたしが言うと、人々は喜んだり悲しんだり嘲ったりしたが、
わたしを最も愛する存在こそが、最も喜びながら悲しんでいた。
彼はいつもわたしにこう言っている。
「もっともっと悲しみなさい。もっともっと苦しみなさい。人は悲しみの深海にいるとき、もっとも美しいのです。人は苦しみのどん底にいるとき、もっとも眩いのです。どうかわたしに、あなたの悲しみを見せてください。あなたの絶望する美しい顔を、わたしに見せてください。わたしはあなたの美しい顔を見ることができるなら、何をも耐える」

あなたは忘れているのだろうか。
あなたのわれめから垂れた、白い緒が、あの日からずっとわたしの首を絞めつづけているのです。










『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ぼくのおかあさん | トップ | 漫画「透明なゆりかご」赤ち... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。