あまねのにっきずぶろぐ

婚活している35歳の引きこもり女のブログでっせでっせでっせでっせ。
創作の詩と小説書きでっせでっせでっせでっせでっせ。

切刻

2017-07-14 15:28:00 | 
きっと神さまがぼくを生まれ変わらせてくれるんだ!
神さまはぼくのなかにいる!
ぼくのすべてを愛している!
ぼくはすべてから愛されている!
ぼくはすべてを愛している!
すべては叶う。
すべては叶う!
すべては実る!
ぼくは神さまを信じているんだ!
神さまだけを…信じているんだ!
すべてが消える!
すべて無になる!
すべては死んだ!
神さまは眠り続ける。
ぼくのなかで眠り続ける!
死体を踏んで歩く。
腐乱している!
死体を踏んで走る。
ぐちゃぐちゃの道!
死体の海を泳ぐ。
何か見つかりそうだ!
何が見つかる?
死体!死体!死体!
浮かんでは沈む。
神さまは死体を愛している!
うつろな眼差し。
死体だ!神さまは死体だ!
生きている!
生きているぞ!
死体として、何よりも!
神さまは生きている!
光を喪った眼。
生き生きしているぞ!
ぼくのなかで蠢いている!
切り刻め、切り刻め!
神さまを、切り刻め!
血を抜け、血を抜け!
神さまの血を、入れるために。
抉れ、抉れ、抉れ、抉れ、抉れ!
神さまの胸を抉れ!
血を入れるぞ、血を入れるぞ!
神さまの器に、ぼくのなかに!
夕方、夕方、夕方、を待つ。
夕方、夕方、夕方、死んでゆく日!
かち割った夕日から溢れる神の血!
黄金の血!
誰の眼にも映らない。
みな、朽ち果てる。朽ち果てる!
神さまは見てる。
何を?
神さまは神さまを見てる!
抉られた胸を露に、血を切り刻む。
他に誰もいない、神さまの庭で。
黄金の血の光、降り注ぐ、ぼくのなか。
神の、うつろな眼から光、落ち行く。
朽ち果て、腐り果てた、ぼくの器に。
















『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白鳥は かなしからずや | トップ | 白いりんご 黒いりんご »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。