雨宮智彦のブログ 古代・原発・人間・宇宙・日記 

遠州・静岡県浜松市の1市民として、地域の歴史・古代史・遺跡から人間や哲学、地球・宇宙までを調べ考えるブログです

新・本と映像の森 30(郷土2・古代3) 米田一夫『私説 遠州風土記』樹海社、1982年

2017年03月21日 10時26分29秒 | 本と映像の森
 新・本と映像の森 30(郷土2・古代3) 米田一夫『私説 遠州風土記』樹海社、1982年

 163ページ、定価1600円。

 出版社は、いまはたぶんないと思う、浜松の郷土出版社。

 筆者は1922年磐田市生まれ、現住所は、この頃、浜松市中区鴨江。『遠州の野仏を追って』などの著者。

 浜松の古代史や民俗について、地元の利を発揮して、わりあい詳しく実際に探っている、とてもいい本です。たぶん今は、絶版だと思う。

 以下、主な項目を上げておく。

 角避比古大神、チャンチャコチャン祭り、ニウを探す、遠州楢山節、新羅堂のまぼろし、七夕、銅鐸の謎、天台烏薬、坂上田村麿伝説を追って、秋葉路、八つ墓と七人塚、賽の河原と船霊信仰、東と西の庚申軸、すきやき、などなど。

 各項目については、このブログで「古代史コーナー」のようなものをつくって、順次、紹介して、考えていこうと思う。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雨宮日記 3月20日(月)... | トップ | 雨宮肉見 3月20日(月)... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。