雨宮智彦のブログ 古代・原発・人間・宇宙・日記 

遠州・静岡県浜松市の1市民として、地域の歴史・古代史・遺跡から人間や哲学、地球・宇宙までを調べ考えるブログです

新・本と映像の森 29(生物1) 泉麻人『東京少年昆虫図鑑』新潮ohi文庫、2001年

2017年03月20日 06時04分26秒 | 本と映像の森

新・本と映像の森 29(生物1) 泉麻人『東京少年昆虫図鑑』新潮ohi文庫、2001年

 泉麻人/文、安永一政/絵、『東京少年昆虫図鑑 ー 「むし」と「まち」をめぐる46話 ー』新潮社、195ページ、定価本体638円。

 「都会で見られる昆虫たち」みたいなキャプションがつきそうだけど、現在の2017年にはたして、大東京でほんとうに見れるかどうかは定かではない。

 むしろ浜松くんだりなら、見られるかも。

 で、この本に載っている中で、いまでも浜松市中区で、ボクがふつうに見れているのは以下の通り。

 ウスバキトンボ、ベニシジミ、シオカラトンボ、モンキチョウ、アオスジアゲハ、カマキリ、アオマツムシ、モンシロチョウ、アブ、トノサマバッタ、オンブバッタ、ハグロトンボ、ぐらいかな。

 それから、この本の中で、ボクが今まで浜松市内で見たことがあるもの。

 タマムシ、ギンヤンマ、カミキリムシ、コメツキムシ、カブトムシ、クワガタ、ヒグラシ、ホタル、アカトンボ、イトトンボ、ホタルガ、オニヤンマ、カマドウマ、ツクツクボウシ、アリジゴク、オオスカシバ、ハンミョウ、ってとこかな。

 とにかく、子どもの頃、「虫取り」をしたことのない子どもは不幸だ。

 「虫取り禁止」は、さらに不幸だ、と思う。証明は略す。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人間・生命・宇宙 新4 中... | トップ | 雨宮日記 3月20日(月)... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。