雨宮智彦のブログ 古代・原発・人間・宇宙・日記 

遠州・静岡県浜松市の1市民として、地域の歴史・古代史・遺跡から人間や哲学、地球・宇宙までを調べ考えるブログです

新・本と映像の森(推理8) 55 北森鴻『狐闇』講談社文庫、2005年

2017年04月19日 12時50分00秒 | 本と映像の森

新・本と映像の森 55(推理8) 北森鴻『狐闇』講談社文庫、2005年

 きたもりこう、きつねやみ、556ページ、定価本体819円。

 古美術を売買する、おなじみの「旗師」、宇佐見陶子(とうこ)が窮地に陥る。

 6月に入って第1回目の神奈川県平塚での市(いち)で陶子は、客の依頼で、2枚の海獣葡萄鏡を競り落とす。

 ところが、マンションへ戻ったら、その鏡は三角縁神獣鏡にすりかえられていた。
 
 そして、陶子と関係者の身におきる怪事件。

 陶子は、手に入れた村山槐多の絵を元にした複製サギを疑われ、しかも飲酒運転で交通事故を起こすよう仕組まれる。

 サギ犯と疑われ、骨董業者の鑑札も取り上げられる陶子。

 みずからの汚名を解いて、青銅鏡の謎を解明しようと、静かな心の炎を燃やす陶子。

 仲閒は、親友のカメラマン・横尾硝子、民俗学者の蓮丈那智、古代鏡研究者の滝隆一朗。

 謎を解いていく彼らは、明治の堺県知事(当時の「県令」)・税所篤(ざいしょ・あつし)の古墳盗掘を知り、やがて権力の闇に直面する。

< 目次 >

冬の狐
神獣鏡
罪と罠
死風景
時の巡礼
闇からの招待
夏の狐


   < 過去の「本と映像の森」から、北森鴻さん作品 >

 本と映像の森73 北森鴻さん『緋友禅~旗師冬狐堂~』文春 - ...

 本と映像の森 135 北森鴻さん『うさぎ幻化行』東京創元社 - ...

 本と映像の森 182 北森鴻さん+『邪馬台』新潮社、2011年 - ...

 本と映像の森 191 北森鴻さん著『孔雀狂想曲』集英社、2001年 - ..

本と映像の森 210 北森鴻さん『虚栄の肖像』文春文庫、文藝春秋社、2010年

     ☆

『狐闇』は、p91,108あたりで「魔鏡」について、述べている。これについては別項目で。

 なお、この本では (詳細カテゴリー) を古代には入れませんでした。どんなに古代資料を正確に描こうとしていても、この作品は全体としては物語であって、歴史ではありませんんから。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雨宮日記 4月18日(火)... | トップ | 雨宮日記 4月20日(木)... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。