雨宮智彦のブログ 古代・原発・人間・宇宙・日記 

遠州・静岡県浜松市の1市民として、地域の歴史・古代史・遺跡から人間や哲学、地球・宇宙までを調べ考えるブログです

新・本と映像の森 66 進藤榮一「この世界をどう見る 軍事優先で製造業衰退の米国」2017年

2017年05月16日 17時36分50秒 | 本と映像の森
新・本と映像の森 66 進藤榮一「この世界をどう見る 軍事優先で製造業衰退の米国」2017年

『しんぶん赤旗 2017年4月19日』(11)

 基礎的事項として、こういうデータがないと、思考がふらふらするんで、基礎的情報としてかあかげておく。

 これは、いいとか悪いとか、以前の問題であると思う。

 20世紀の始めにレーニンが『帝国主義論』でやったように。

 以下、引用

 「自動車生産比率の変化 1980年 → 2015年、をみる。

 日本      28.7% → 10.2%、
 中国       0.6% → 27.0%、
 インド      0,0% →  4.5%、
 ASEAN+韓国 0.3% →  9,0%、、
 北米      24.4% → 19.8%。
 欧州      29.3% → 20.2%、」
  ( 進藤榮一『アメリカ帝国の終焉』から )

 2番目に「鉄鋼生産比率の変化 1980年 → 2014年

 日本   15.5% →  6.5%、
 中国    5.2% → 50.3%、
 インド   1.3% →  5.5%、
 韓国+台湾 0.5% →  5.7%、
 北米   16.3% →  6.2%、
 欧州   19.8% → 10.4%、」
  ( 進藤榮一『アメリカ帝国の終焉』から )

 「米国は「ものづくり大国」の道を捨て、「カネづくり大国」への道を突き進んでいます。ばくち打ちのように、株などの金融商品を売買する「カジノ金融資本主義国家」になっっています。
 1950年代初頭、全米の企業収益に占める製造業の割合は60%で、金融業は9%えした。2000年代には製造業は5%に転落し、金融業は45%に伸びています。・・・・」

 このようなことがアメリカの変化、トランプ政権の誕生の基礎にある。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雨宮日記 5月15日(月)... | トップ |  新・本と映像の森 67 や... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。