雨宮智彦のブログ 古代・原発・人間・宇宙・日記 

遠州・静岡県浜松市の1市民として、地域の歴史・古代史・遺跡から人間や哲学、地球・宇宙までを調べ考えるブログです

雨宮日記 4月4日(火)晴れ 風がなく、いい日

2017年04月04日 13時42分02秒 | 雨宮日誌

 雨宮日記 4月4日(火)晴れ 風がなく、いい日

 午前中、平和新聞の仕分けと配達。ビデオ編集計画を立てる。午後は、則子さんは長女の家へ手伝いに。

 今日は、昨日より風が少なく、いい日だ。



 今日のおんがく 16 文部省唱歌「朧月夜(おぼろづきよ)」

 大正3年(1914年)発表された文部省唱歌。詩は高野辰之さん、曲は岡野貞一さん。

 よく知られたメロデイに、よく知られた歌詞。たぶん、ボクも学校で歌ったことがあるのかも知れない。

  菜の花畠に 入り日薄れ
   見わたす山の端 霞ふかし
春風そよふく 空を見れば
夕月かかりて におい淡し

なのはなばたけに いりひうすれ
みわたすやまのは かすみふかし
はるかぜそよふく そらをみれば
ゆうづきかかりて においあわし

 参考:堀内敬三・井上武士編『日本唱歌集』岩波文庫、1958年、p202


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雨宮日記 4月3日(月)の... | トップ |  雨宮日記 4月4日(火)の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

雨宮日誌」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。