雨宮智彦のブログ 古代・原発・人間・宇宙・日記 

遠州・静岡県浜松市の1市民として、地域の歴史・古代史・遺跡から人間や哲学、地球・宇宙までを調べ考えるブログです

新・本と映像の森 67 やまざき貴子『ZERO 1』小学館文庫、2009年

2017年05月17日 19時40分50秒 | 本と映像の森
新・本と映像の森 67 やまざき貴子『ZERO 1』小学館文庫、2009年

(SF10・マンガ5)小学館、394ページ、定価本体638円

 2017年、日本は偶発した核戦争後で、東京は崩壊状態、廃墟になっている。。

 物語は2000年の核戦争直後に生まれた少年少女たちから始まる。なぜか女性は男性の6分の1しかいない時代。

 米軍の管理するシェルタードーム「ZOO」に収容されて気楽に暮らす少年処女たちのあいだに、不思議な夢を見れるクスリ「Zero」が流行する。

 その「Zero」を飲むと、2000年に生きていた自分=前世に会えるというのだ。

 2000年直後生まれの「第1世代」の主人公ゲオ(本名 影尾暁 かげお・あかつき)は、仲閒の少女カイエの殺人容疑で追われる身となる。

 同じ容疑を受けたバツ(伐永史)とともに、2人は「ZOO」の外へ脱出する。

 そして2人とその仲閒の「ZOO」の謎を探る冒険が始まる。

 地下の巨大コンピューター「ZIP」は何なのか?

 両性体は何の意味があるのか?

 なぜ核兵器は爆発したのか?

 「ZOO」「ZOO」「ZIP」と「Z」続きなのは、なぜか?

 全6巻、続く。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新・本と映像の森 66 進... | トップ | 雨宮日記 5月18日(木)... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。