雨宮智彦のブログ 古代・原発・人間・宇宙・日記 

遠州・静岡県浜松市の1市民として、地域の歴史・古代史・遺跡から人間や哲学、地球・宇宙までを調べ考えるブログです

新・本と映像の森 40(文学3)  青空文庫「宮本百合子」

2017年03月30日 09時56分55秒 | 本と映像の森

 新・本と映像の森 40(文学3)  青空文庫「宮本百合子」

青空文庫は、「誰にでもアクセスできる自由な電子本を、図書館のようにインターネット上に集めようとする活動」で、「著作権の消滅した作品と、「自由に読んでもらってかまわない」とされたもの」をファイルで読めるようにしています。

 つまり「インターネット無料図書館」ですね。

 ただ、人物によって、掲載された著作に多い少ないがあります。

    ☆

 宮本百合子さんは多い方です。1174作品を公開しています。まだ作業中なのは日記ぐらいです。

 宮本百合子さんの小説で主なものをあげると、初期を除くと、「伸子」「二つの庭」「道標」そして「1932年の春」「刻々」などをへて「風知草」に至ると、いうところか。

 周知のように、「12年」「1950年」などは、百合子さんの急逝のために、書かれることなく終わった。

 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  雨宮日記 3月29日(水)... | トップ | < 新・本と映像の森 21... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。