奄美海風荘ブログ

カメラを持って奄美大島のあちらこちらに行きます。植物や本など。
04年4月11日~14年11月04日までブログ人

ハマボッスの花 モモの実 しきしま ハブ脱皮

2016年04月30日 | 写真

↑ ハマボッス

モモ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キキョウラン

2016年04月29日 | 植物

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ツイートまとめ グラジオラス/エブリワン/産経ニュース/ピンツイート

2016年04月28日 | 紹介、お店など

 

 

 時代の波は奄美大島にも。

いいことかわるいことか。それとも、なんでもないことか。画一化。エブリワン→ファミマ

 

 ためしに、上のツイートをツイッターのプロフィールページのトップに固定しました。

固定を解除すると、ツイートした元の日時の場所に表示されるようになります。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

季節の花 奄美市名瀬赤崎公園/ 三儀山運動公園 / Cruise ship Pacific Venus docks at Naze

2016年04月26日 | 植物

テッポウユリとガジュマルとビロウ樹

奄美市名瀬三儀山運動公園

 

↑ 出来立て新鮮 サネンバナ

↑ クチナシ

↑ コンロンカ 白いのはガクで、それに囲まれた中央の黄色い星型のつぼみが花になる。

↑ ギーマ

オオシマザクラ

ランタナ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

図書館貸し出しカード紛失

2016年04月26日 | 本と雑誌

今月は、図書館貸し出しカード紛失し、書店で買った本で積読して忘れてしまっていた本を

読んでいる。

写真は先週まで書店にあったムック本。きのうは、ほとんど見られなかった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ツイートまとめ シイノトモシビタケ /ETV特集 /ファミマでサラダ

2016年04月26日 | テレビ番組

 

小笠原医師と一村との親交は、番組の主旨からいって、本筋からはかなりそれる話であろう。

医学会の権威にあらがった医師と中央画壇に背を向けて独自の画境を拓いた画家が、奄美大島で出会う偶然。独身、硬骨漢、似たもの同士の二人の交流は、新版 『アダンの画帖 田中一村伝』 南日本新聞社編、小学館 、1995年3月 で読んだ。

=======

偶然ではないのだろうが、きのうのニュース(ラジオで聞いた)

ハンセン病患者の「特別法廷」 最高裁が異例の謝罪 NHK
ハンセン病特別法廷 「人権守るべき立場を放棄」関係者、怒りの声 産経

『相愛互助』の名のもと軽症者が重症者の世話をさせられる様子は他の番組で見た。

あまりにも遅い、理不尽な判断。しかしこれも社会の無関心と無関係ではないだろう。患者に対する社会の忌避意識も相当なものだろう。現在も完全に消えたわけではあるまい。

番組では、最後に、「救癩の父」と崇められ、小笠原医師の主張を批判した光田健輔医師が
同郷の岸信介首相(当時)から文化勲章を受章している様子が紹介された。

まあ、しかし、光田健輔医師とて、単純に悪玉として理解するもどうだろうか。

彼の「功績」がどのようにして、認められていったのか、その背景にも注目しないことには、似たような

他の社会問題の存在にも気付かないだろう。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二年前の記事  動画 リュウキュウバライチゴ実 小川のせせらぎandイトバショウ

2016年04月24日 | 山歩き
 
一年前の記事 動画 リュウキュウバライチゴ実 小川のせせらぎandイトバショウ
 動画 リュウキュウイチゴ 小川のせせらぎ and イトバショウイトバショウ 糸芭蕉 花バショウ科バショウ属の多年草 茎から繊維を採り、芭蕉布の原料とする...
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モウセンゴケ (毛氈苔) の花

2016年04月23日 | 植物

正確には、コモウセンゴケかも知れない。

根出葉の葉柄は区別がつきにくく、極端に長い花柄だけが立ち上がる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

去年の記事 きのう海開きのニュース きょうの大浜 動画 波の音 

2016年04月23日 | ニュース
 
きのう海開きのニュース きょうの大浜 動画 波の音 

★今日の 大浜  波の音https://t.co/cwATzhEdHR きのう↓ ★奄美大島で早くも海開きNHKニュース http://t.co/hJ7zsWgG...
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コナスビ(小茄子) サクラソウ科オカトラノオ属 の多年草)

2016年04月22日 | 植物

赤崎公園 

はじめてきづいた。

ここ数年、オオイヌノフグリを見かけない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クワズイモ 実 種 クロトンの花 イジュのつぼみ

2016年04月21日 | 日記・エッセイ・コラム

 

 

↑ クワズイモの実 種

一村の絵には、蘇鉄の雄花と雌花とクワズイモの実が同じ画面に描かれているが、まもなく梅雨に季節になるので

蘇鉄の雄花も雌花も形成される気配だ。

↑ クワズイモの仏炎苞

仏炎苞 ブツエンホウ
植物の苞のうち、肉穂花序(にくすいかじょ)を包む大形のもの。ミズバショウ・ザゼンソウなどのサトイモ科植物にみられる。

 

↑ クロトンの花

イジュのツボミ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高倉 

2016年04月20日 | 歴史 民俗

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

湯湾岳 ソメイヨシノ 八重桜 きのう

2016年04月19日 | 桜の観察

 

 


 ↓ フォレストポリス

オオシマザクラ?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

去年の記事 フォトムービー デジカメde 一村の杜 その3 

2016年04月18日 | 山歩き
 
フォトムービー デジカメde 一村の杜 その3 
関連 このブログ ↓奄美の杜でデジカメ De  一村三昧する その22015年04月14日 | 田中一村フォトムービー クワズイモとソテツのある奄美の杜2...
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桑の実 サネン花

2016年04月17日 | うんちく・小ネタ

 

シマグワというのかもしれない。

きのう今季はじめてトンボを見た。赤とんぼより、黄色だった。

童謡赤とんぼの、姐やは15で嫁にいったのだが、それでお里の便りが絶え果てた、というのは

よく考えるとちょっと解せない。

それでも、ちょっと考える。

姐は、姉と違い、血縁も、法律上の家族(法定血族関係)でもなく

たぶん地方からこの家で、家事手伝いかなんかで仕事をしていた年上の女性なのだろう。

これでギモンは氷解する。

お里のたよりは、どういう経路で作者に届いていたのだろうか。

山の畑の桑の実を小カゴにつめるほど、たくさん採れたのだろう。それもいまではまぼろしのようだ。

ゆうやけの赤とぼんを、その姐やに負われてみたのもまぼろしのようだ、さおの先のトンボをみて

そう思った。

余談ですが、

じっとしている赤とんぼをみて、明日どうする?と訊いた、渥美清さん(風天)の句がある。

サネンの花は数日前からさいていた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加