奄美海風荘ブログ

カメラを持って奄美大島のあちらこちらに行きます。植物や本など。
04年4月11日~14年11月04日までブログ人

笠利町津代の戦跡へ

2004年12月23日 | 歴史 民俗
041223-tusiroここはマングローブパークではありません。笠利町手花部(てけぶ)の津代(つしろ)への入り口付近です。地図
津代は、1609年(慶長14年)に薩摩の琉球「征伐軍」が、最初に侵攻したという湊があるところです。奄美の史跡めぐりには欠かせないところなのですが、あまり知られているところではありません。旧暦3月4日山川港出港。総勢三千余、兵船百余艘(異説あり)。六日悪天候、隊伍乱れる。「七日之甲之刻程ニ」津代着、「次日八日打廻シ(戦闘)」。その後、3月15日焼内湾(宇検村)薩船三十五艘、そして徳之島、沖永良部、と向かう。3月25日薩軍主力部隊、沖縄北部の運天港着。
藩は奄美の、サトウキビ(黒糖)に後で大いに助けてもらったはずなのですが、わが愛すべき鹿児島県は、いまだにわが国でも指折りの・・・(う、またSyunnさんにオコラレマイかも)。
その後260年あまり続いた薩摩藩の統治は、期間を通じて一様だったわけではなく、島々によっても違いました。奄美が一様ではないことは、島伝い観光のお客さんからも教えてもらいます。奄美の魅力のひとつです。
砂糖の甘い汁は、「以後藩はない」と覚えた、あの廃藩置県(1871年明治4年)後も吸われ続け、黒糖悲歌はやみませんでした。その前後の顛末は、現在の奄美を考える際にもオモシロイところなのだ、そうです。キビの刈り取りは一部で始まっているところもあり、出荷作業は年が明けには本格化します。

笠利町 津代 で検索してみる。キャッシュをクリックすると検索した文字がハイライト表示されます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 笠利町 アマンデー(奄美嶽) | トップ | 雨の日は植物の写真がきれい。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。