奄美海風荘ブログ

カメラを持って奄美大島のあちらこちらに行きます。植物や本など。
04年4月11日~14年11月04日までブログ人

西郷の言葉として有名な『敬天愛人』の出典 二説

2018年02月22日 | うんちく・小ネタ

西郷の言葉として有名な『敬天愛人』の出典 二説

1、清の第4代皇帝康熙帝(こうきてい)がキリスト教会に与えた扁額(横長の額)

2、サミュエル・スマイルズ著『自助論』“SELF-HELP”(1859年発行)を、啓蒙思想家で教育者の中村正直(敬宇=敬天)が1871(明治4)年に翻訳し『西国立志編』として発行しベストセラー(明治時代の終わりごろまでに100万部以上を売り上げた)となった本。

1、と2、の間に、約五年の島での体験と読書で磨かれた西郷の抜きんでた独特の感性があった。

関連ツイート

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一年前の記事 「重野安繹先生流謫の地 寺子屋跡」 木碑 奄美 鹿児島県大島郡瀬戸内町阿木名(せとうちちょう・あぎな)/西郷は斉彬の重野は久光の御庭方

2018年02月07日 | うんちく・小ネタ
 
「重野安繹先生流謫の地 寺子屋跡」 木碑 奄美 鹿児島県大島郡瀬戸内町阿木名(せとうちちょう・あぎな)
関連記事 このブログ重野安繹 奄美 生麦事件 薩英戦争 幕末大転換2017年02月05日 | 歴史 民俗↑拡大します。重野は、自ら罪を犯したのではない、......
 

西郷は、斉彬がこしらえた「御庭方」に抜擢されが、重野は、久光の「御庭方」に就いている。

重野は西郷について辛口の評価を残しているが、久光から西郷の悪口をさんざん聞かされたものと想像できるが、重野の辛口評価は、西郷を知る上でも決して無視できない。久光の西郷に対する憎しみについても歴史の照射は十分とは言えない。と思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ティダ(太陽)の落(う)てぃまぐれ 奄美市名瀬赤材公園の夕空

2017年12月06日 | うんちく・小ネタ
 
ティダ(太陽)の落(う)てぃまぐれ 奄美市名瀬赤材公園の夕空
きょうの夕空 ★ティダ(太陽)の落てぃまぐれ(今まさに落ちようとする瞬間)https://t.co/I7ZLH6M2GB奄美市名瀬赤崎公園ガジュジマルの木シルエットと夕焼け p......
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

去年の記事 リュウゼツランの花

2017年10月06日 | うんちく・小ネタ
 
リュウゼツランの花
関連記事 このブログアオノリュウゼツラン(青の竜舌蘭)?の花2014年04月17日 | 植物 リュウゼツラン25年目に開花/奄美市名瀬 - ......
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

去年の記事『藤沢周平未刊行初期短篇』 単行本 – 2006/11

2017年09月01日 | うんちく・小ネタ
 
藤沢周平未刊行初期短篇 単行本 – 2006/11
藤沢周平未刊行初期短篇 単行本  – 2006/11藤沢 周平   (著)書店で文庫本を見つけて読む気になった。それまでは「未刊行」「初期短編」にしりごみしていた。......
 

これは、去年のことだったのか?もっと昔のような。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

去年の記事 真田太平記 12巻 紀州九度山 1985 池波正太郎

2017年08月19日 | うんちく・小ネタ
 
真田太平記 12巻 紀州九度山 1985 池波正太郎
和歌山県北部に位置する九度山町は人口4300人あまり。現在、くどやま「真田丸大河ドラマ展が開催中だ。九度山の名前の由来は、域内には高野山の開祖・弘法大師空海の母が暮らしてい......
 

真田太平記 12巻 紀州九度山 1985 池波正太郎

夏は意外と読書量が増える。

この巻あたりでドラマの話に追いついたのだったかな。記憶はあいまいだ。

今年はドラマ視聴にもあまり意欲がわかない。

↓ 来年のために、いちおう目を通します。西郷本。

残りもスピード感をもって・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

去年の記事 島育ちのダンディ「やっぱ帽子がないと」ソテツ雄花

2017年06月24日 | うんちく・小ネタ
 
島育ちの ダンディ ソテツ雄花 雌花
 島育ちのダンディ「やっぱ帽子がないと」ソテツ雄花 pic.twitter.com/tyTVf1HJd1— 奄美海風荘 (@amami_kaihu_so) 2016年6......
 

ソテツ Cycas revoluta サイカス レボルタ or Japanese sago palm サゴパーム

サイカシン(Cycasin)は、植物に含まれる化学物質(配糖体)の1つである。
特にソテツ(種子、葉、幹など全草)に含まれる毒物として知られる。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MTされた リュウキュウズアカアオバト 鳩うんちく

2017年06月15日 | うんちく・小ネタ

きのうの記事にも埋め込んだズアカアオバトのツイートが、外国(英語圏)でMT(modified tweet 修正されたツイート)され、オリジナルのツイートよりも多い反響があったようだ。山好き、鳥好きのヨーロッパ人の方も時々海風荘を訪れてくれるのだが、山といっても、この写真は名瀬の市街地のすぐ近くの山で、しかも、雨の中、買い物帰りの車中から偶然出くわして撮影したものだ。

鳩うんちく ↓

鳩(はと)の各国語での呼び名など wikipedia

★英語 pigeon (ピジョン) / dove (ダヴ)

英語において、ノルマン人からの借用語である pigeon は主に飼いバトを、ゲルマン語由来の dove は野生バト、とりわけコキジバト(turtle dove)を指すが、現在のアメリカなどでは pigeon で一括してしまうことも多い。また詩語としては dove が好んで使われる。

★スペイン語 paloma (パロマ)
★ドイツ語 Taube (タウベ)
★中国語 鴿子/鸽子(コーツ、gēzi)

=====文化

鳩(はと)の各国語での呼び名など wikipedia

★英語 pigeon (ピジョン) / dove (ダヴ)

英語において、ノルマン人からの借用語である pigeon は主に飼いバトを、ゲルマン語由来の dove は野生バト、とりわけコキジバト(turtle dove)を指すが、現在のアメリカなどでは pigeon で一括してしまうことも多い。また詩語としては dove が好んで使われる。

★スペイン語 paloma (パロマ)
★ドイツ語 Taube (タウベ)
★中国語 鴿子/鸽子(コーツ、gēzi)


文化
★旧約聖書のノアの箱舟の伝説でオリーブと共に平和の象徴とされている。dove (ダヴ)

★新約聖書では、荒野で苦行を終えたイエス・キリストがサタンの誘惑をしりぞけた後、聖霊が白いハトの姿となってくだる。

★ギリシア神話においてハトは、愛と美の女神アプロディーテーの聖鳥

★日本では鳩が八幡神の神使とされてきた。八幡神は軍神なので平和とは結びつかず、武士の家紋ともなった。戦後西洋的価値観が入ってきて、タバコのピースのデザインのような平和のシンボルと言うイメージが定着した。
タカ派 ハト派

関連記事 このブログ ズアカアオバト(頭赤青鳩)

2017年06月08日 | 夕焼け
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一年前の記事 相思樹(ソウシジュ)マメ科アカシア属 アカシアうんちく

2017年05月31日 | うんちく・小ネタ
 
相思樹(ソウシジュ)マメ科アカシア属 アカシアうんちく
相思樹(ソウシジュ)マメ科アカシア属の常緑高木意味ありげな名前。名瀬長浜町から朝仁に向かう旧県道の峠付近の交差点で、赤崎公園へ行かず、左折する。そこから車で数分走る......
 

♪ アカシアの雨にうたれて のアカシアは「ニセアカシア」wikipedia

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「奄美群島国立公園」が正式に指定のラジオニュースでアマミノクロウサギ(奄美野黒兎)?

2017年03月07日 | うんちく・小ネタ

英語で野うさぎは hare というそうですが。普通日本で飼われるのは、rabbitで穴うさぎのことらしい。

↑ 因幡の白兎(いなばのしろうさぎ)とは、日本神話(古事記)に出てくるウサギ、または、このウサギの出てくる物語の名(wikipedia)であって、生物の種に与えらえた和名(わめい)ではない。

『古事記』では「稻羽之素菟」(稲羽の素兎)と表記。

ちなみに奄美大島の笠利町には、竜宮伝説が由来となったといわれる浦島と「夢をかなえるカメさん」の像がある。→ https://youtu.be/YCcdOUepgrs


wiki和名(わめい)は、生物の種、鉱物、現象などにつけられた日本語での名前。特に、学名と対応させた標準和名のことをさす場合がある。

和名の由来

和名は、学問規約的に規定された名ではなく、一般に使用されている習慣的な名称である。生物の場合、一つの種に多くの異なる名があったり、複数の種が同じ名で呼ばれたり、地方によって異なっていたりする。

こうした日本語による慣用名は、日常用途では漢字で表記することも多いが、今日、生物学、特に分類学的見地に立った学術的局面で使用するときはカタカナで表記する。当初、戦前においては和文の論文など日本語表記の学術的文章は漢字カタカナ混じり文で書くのが慣例であり、地の文のカタカナと生物名を視覚的に識別しやすくするため、和名をひらがなで表記した。本来カタカナは漢訳仏典、漢籍を読み下しやすくするために付するふりがな、送り仮名として成立したものであり、伝統的に学術的文章は漢字カタカナ混じり文で書いたのであるが、戦後、国語改革に伴い学術的文章であっても漢字ひらがな混じり文で書くようになった。そのため、旧来の表記法をひっくり返して地の文のひらがなと視覚的に識別しやすくするために、和名をカタカナ表記するようになったという経緯がある。

学問的には、生物の名前は学名を用いるべきだが、ラテン文字が日常用いられ、ラテン語の語彙になじみがある欧米諸国とは異なり、日常的にはラテン文字やその語彙を用いない日本では学名の使用はかなりの努力が必要であり、入門者や一般向きであるとは言えない。そのため、学名同様に使えるような日本語の名前があった方が便利である。そのような目的で学界やその周辺で慣習的に用いられているものが標準和名である。

------

 

=======

 

Amami rabbit wikipedia 

 Amamino kuro usagi (アマミノクロウサギ 奄美野黒兔?, lit. "Amami wild black rabbit"), also known as the Ryukyu rabbit,

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オランダのおいしいお菓子 ★ストループワッフル Stroop wafel うんちく

2017年01月27日 | うんちく・小ネタ

Stroop ストロープはオランダ語で、糖蜜(syrup シロップ)のこと。

ベルギーワッフルがよく知られている。

ワッフルとは焼き菓子の一種で、小袋にあるwafelはオランダ語で英語ではwaffle。

アメリカンワッフルは、たい焼きやどら焼き、ホットケーキなどの生地でも作れますが、

この★ストループワッフルの生地の固さと、シロップの粘り気の強さは、アメリカ人や日本人は、あまり考えつかないような仕上がり。じつに特徴的だなあ。

写真のワッフルは直径4センチ足らずでコーヒーカップにふたのように載せて蒸すことはできませんでしたが、5センチから10センチが一般的なようです。この食べ方も独特だなあ。

===あと、オランダについて少し学びました。

「オランダの正式国名は何ですか?」 「“The Netherlands”と“Holland”の違い何ですか?」オランダ大使館

==-

<オランダの正式名称はネーデルランドなのに、なんでオランダと言うのですか>

Yahoo 知恵袋

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西郷隆盛 勝海舟 碑 奄美大島 東京洗足池公園 留魂祠

2017年01月25日 | うんちく・小ネタ

井伊直弼による安政による幕府の追及の眼を逃れるため西郷は名を変え奄美大島へ潜居(1859年 安政6年1月着)

文久2年(1862年)1月召還されるが
再び久光の遠島処分を受け
文久2年(1862年)7月に西郷は徳之島に到着。
二か月あまりほどで、徳之島から、沖永良部島へ。
再び召還され元治元年(1864年)2月に鹿児島に帰る。

↑↓ 西郷南州謫居跡付近 奄美大島龍郷町龍郷 県道81号

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

去年の記事 カワヅザクラ狂い咲き

2016年12月09日 | うんちく・小ネタ
 
カワヅザクラ 狂い咲き 
out of season , unseasonable bloom カワズザクラと思われます。 花の形が少しいびつです。満開は → 名瀬長浜町トンネル前 桜満開 2015......
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

去年の記事 ツイートまとめ 今を見る鹿児島の歴史と奄美 その3

2016年07月24日 | うんちく・小ネタ
 
ツイートまとめ #今を見る鹿児島の歴史と奄美 その3

続江戸を出て21日西郷★継嗣問題の経緯につき「もはや議論で埒が・」と報告。斉彬「刀はきっかけなく抜いてはならぬ、世間の見方を軽んじてはならぬ」☆わずか12日滞在で再び国元を立っ......
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一昨年の記事 『島を愛した男』 (1975年) - 1975 安達 征一郎 (著)

2016年07月02日 | うんちく・小ネタ
 
『島を愛した男』 (1975年) - 1975 安達 征一郎 (著)
『島を愛した男』 (1975年) -  1975 安達 征一郎   (著)   カスタマーレビューを書きませんか?目次 全246ページ 印象に残ったぶぶんをメモ風に ↓......
 

二年ぶりに、このメモ書き風記事を読みかえしてみても、

当時、行間からイメージしたいくつもの映像が、いまでもよみがえる(これは、なかなかないことだ)。

あざやかな原色の風景と、濃い緑陰のコントラスト、潮の香りがする。

生活は決して楽ではないはずだが、絶望の底に、陽気なしぶとさをもちあわせた人々のやることなずこと。それらに、尽きることのない潮のしぶきがふりかかる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加