奄美の農と暮らし

ようこそ、ファーム・しきへ!
ここでは熟年Uターン者の営農の日々を綴ります。

定植の終了!

2016年10月19日 | 晴耕雨読
 秋晴れを彷彿させるような陽光に、ちょっこし感動しながら出畑しました。
倉庫に着くと軽トラがガス欠状態で、取敢えずカボチャの定植資材を積込むと近傍のスタンドを経由して、第2ほ場に向かいました。

 相も変わらず無風に多湿感、しかも昼夜の寒暖差で朝露がすごくて、畝間の露払いをしながら定植準備に取掛りました。本日で秋カボチャラストの定植、40株ぐらい苗不足を予感しながら、いつものポンポンカッターにウエラックを駆使して200穴ほどの定植準備をしました。
既に、衣服は朝露と汗でずぶ濡れになり、苗を運び入れて午前を終えました。
  

 午後は天候が一変して霧雨に、カートに座って定植を始めると本降りになり、もはや辞めずに止められず、本日でラストだと言う一念で終えました。苗不足は20株、雨の中、3畝の手かん水で仕上げました。
軽トラに定植資材を積込むとキュウリの畝を観、程良く育ったキュウリを9本ほど収穫、ずぶ濡れの褒美にキュウリをもらったような、ちょっこし疲れを忘れました。

 倉庫に戻るともうひと頑張りと、20個のトレーの洗浄や廃棄した苗のポットを回収しました。秋カボチャは定植と言う第1弾が済んだだけで、これから年末にかけて収穫に向けての本格的な作業になります。
今宵ぐらいは、第1弾が終わった安堵の酒に酔いたいなと思います。

 さてと、明日からキュウリの出荷が始まります。収穫と出荷があっての農家ですからね。
先ずは1パック130円ぐらいで出荷しようと思っています。
それではまた明日!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラストの定植 | トップ | ズッキーニの定植 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。