奄美の農と暮らし

ようこそ、ファーム・しきへ!
ここでは熟年Uターン者の島での奮闘の日々を綴ります。

梅雨の様相

2017年05月05日 | 晴耕雨読
 ここ両日、天候は一変して梅雨入りの様相になってきました。曇天に霧雨、しかも気温は高く蒸し蒸しと・・・アカショウビンの鳴き声が至る所で響き、クチナシやサネンバナを目にするようになりました。来る時が来たなと、そんな思いで出畑しました。


 ズッキーニの接受と収穫から始まり、移動中は車のエアコンを効かせ、コリンキー畑に移動すると雨で大ぶりになったコリンキーの収穫、雨の日が続くと、瓜系は一挙に肥大するので今朝は多めの収量になりました。露地の収穫を終えるとミニキュウリの収穫、帰途はいつものコースで直売所をモニターし、弁当屋さんにも立寄りました。今朝もミニキュウリは大口の注文が入り助かりました。

 3品目の袋詰めを終えると2軒の直売所と弁当屋さんに届け、直売所には、格安から値上げをした農研センターのズッキーニが並んでいて、少しは考慮してくれたのかなと思いました。ただ、公設の直売所をサポートしたいのなら、農家と競合する野菜の出荷は控えて欲しいものですね。と言うことで、小生はズッキーニの価格を下げずに量を増やしました。野菜の配達をしながら、近郊で軽トラ市が開催されていることを思い出し、立寄ると馴染みの人たちでしたので、しばし談笑で過ごしました。行楽日に、年に何回か開催されるのも良いかなと思いました。いずれにしても、しっかりとした出荷協議会を作らないとまとまりがありませんからね。一昨年、役場や直売所に提言しましたけど、そのような認識はまったくありませんでした。

 午後はポツポツと降出し、ネットで雨雲をモニターしても晴れる見込みはなく、夕方に出畑して、ズッキーニとコリンキーの接受の準備で、梅雨のような一日は終わりました。明日は・・・おそらく出たとこ勝負でしょう。それではまた(^_^)/~
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミニキュウリの最盛期 | トップ | 居酒屋「畑人」もいいかなと! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。