奄美の農と暮らし

ようこそ、ファーム・しきへ!
ここでは熟年Uターン者の島での奮闘の日々を綴ります。

一心一途

2017年03月15日 | 晴耕雨読
 好天になるとここぞとばかりの奮励、今朝のローカル新聞の社説とは程遠い忙しい一日を過ごしました。でも、毎日が日曜日よりは今の生活の方が性に合っていますよ。
今朝はちょっと冷え込んで、昨夕に収穫をしたスナップエンドウの袋詰めをしながら気温の上昇を待ちました。
  

 袋詰めを終わると収穫カゴを積込んでハウスに向かい、ナスとスティックセニョールを収穫して、直売所をモニターしながら倉庫に戻りました。倉庫で袋詰めをすると早速直売所に届け、後は4順目の誘引作業をしながら明日までの作業を巡らしました。週末は雨の予報で、ピンポイント作戦で行かないと、後手に回ってしまいますからね。

 午後は刈払機を積込んで出畑、ラストに定植したヱビスのツル先がトンネルハウスから出てきたので、3回目のえん麦の刈倒しを行いました。後は、午前の続きでひたすらに4順目の誘引作業、予定どおり4畝を終えて菜園に移動しました。菜園ではワケギの収穫と株元の雑草取りで奮励の一日は終わりました。

 4順目のカボチャの誘引作業をしながらいつもの雑念の囚われ、TVドラマの「一心一途」と言う言葉が妙に残っていて、ひたすら準備をすると事は農業も一緒だなと思いました。職人の世界のキーワードだそうですが、心情に妙にしっくりくる言葉ですね。父は畳職人、祖父は大工、職人の血を多分に受け継いでいるのでしょう。

 好天は明日まで、ここぞとばかりに奮励に一日になりそうです。それではまた!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雨上がりに | トップ | よせばいいのに~♪ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

晴耕雨読」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。