奄美の農と暮らし

ようこそ、ファーム・しきへ!
ここでは熟年Uターン者の島での奮闘の日々を綴ります。

キュウリの発芽

2017年09月14日 | 晴耕雨読
 台風18号は東シナ海に抜け、嵐前の静けさの様相、ここから一転して東に進路をとり、日曜あたりには最接近の予報、大型台風で予断を許さない状況です。

 本日も降ったり止んだりで、午前は家庭菜園向けに開かれた、秋野菜の講習会に3年ぶりに参加しました。Uターンして間もない頃は、農業のど素人で講習も新鮮でしたが、8年が経過した今となっては家庭菜園向けだなと理解するに至りました。もちろん講師は、日頃お世話になっています指導員の資格を持った農政担当のIさんですが。
  

 午後は台風籠りと決めていましたが、排水対策が気掛かりで、倉庫に立寄りスコップやクワを積込み、秋と春作のほ場を巡回しました。各々のほ場では、農道から流入する雨水対策を取り、通り雨に濡れながら追われるように倉庫に戻りました。ソルゴーは50cm程度に伸び、播種したキュウリが粗方発芽していました。

 明日から2、3日は台風籠りで、その後はキュウリの鉢上げと定植準備、玉ねぎの播種と、作業が目白押しになりそうです。月末には1000ポットのカボチャの苗作りが始まります。
明日は、北部で開かれる野菜部会の総会に参加し、その後は台風籠りかなと思っています。それではまた明日(^_^)/~
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 台風18号接近中 | トップ | 野菜部会総会は本当に必要か? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

晴耕雨読」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。