奄美の農と暮らし

ようこそ、ファーム・しきへ!
ここでは熟年Uターン者の島での奮闘の日々を綴ります。

耕うん作業の開始

2017年07月29日 | 晴耕雨読
 3個目の台風が発生して、この先の天候が読めなくなってきました、なるようにしかなりませんけどね。朝イチのオクラの収穫と出荷を終えるとトラクターによる耕うん作業に舵を切りました。先ずは秋カボチャの第1ほ場からスタート、土壌の乾燥は又とない好条件で、仕上げの周回の耕うんは、整地耕うんをしながら2時間ほどをかけて終りました。

 午後は春カボチャのほ場の耕うん、梅雨明けに粗耕しはしましたが、雑草が30cmぐらいに伸びてきて、このタイミングを逃すとハンマーナイフモアのお世話になりますので、先手の耕うん作業になりました。耕うんスピードを通常より1段階上げ、2時間若で30aの耕うんを終えました。

 明日も春カボチャのほ場の耕うん作業を予定していて、今月いっぱいでオクラの収穫終え、オクラを刈り倒した後はマルチを回収して、秋カボチャのほ場として耕うんに取掛ろうと思っています。オクラが終われば計画したリレー栽培は全て終わります。

 トラクターに揺られながら耕うん作業をしていると、秋と春カボチャの栽培面積を増やすかなと・・・農地はまだ余裕がありますからね。就農当初はカボチャの収量5トンが目標でしたが、いつの間にか、ビニールハウスの譲渡があったり、ハウス栽培やスナップエンドーに葉玉ねぎ、最近ではナスやミニキュウリに茎ブロッコリーと、どんどん脇道に走っているような気がします。

 明日も揺られながら考えてみようと思っています。それではまた明日(^_^)/~
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「せごどん」効果に反論 | トップ | リレー栽培の終了 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

晴耕雨読」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。