奄美の農と暮らし

ようこそ、ファーム・しきへ!
ここでは熟年Uターン者の島での奮闘の日々を綴ります。

曇天の中で・・・

2017年04月20日 | 晴耕雨読
 収穫したミニキュウリを撮らなくてはと思いながら、本日も袋詰めの後に気付きました、まっいいか~!天候は日替わりで、梅雨を彷彿させるような曇天にモワッと感・・・こう言う日は用心をしないとやぶ蚊とブヨの洗礼を受けます。カエルの活動も盛んになり、そろそろハブさんの季節になりました。

 NHKの天気予報も1時間毎に変わり、勘ピュータだけが頼みの綱で、取敢えず、収穫をしながら様子見をしました。ポツポツと降るものの本降りはなく、カボチャのかん水から始めて、ハウス、育苗、ズッキーニと続きました。農業って自然相手の商売ですから、確信みたいなものがなくて、今朝は、マルチの下のかん水は十分に行き渡っているだろうか・・・かん水をしながら最後部のホース圧を触診しました。

 午後は作業の選択肢に迷いながら、残務のズッキーニの支柱立てと固縛を完成させ、終わるとハウス周辺の草刈で過ごしました。ズッキーニは、現代農業の小技を参考に、風による倒伏対策をしています。ナスやセニョールの収量が激減し、そろそろ打ち止めにしようと思っています。明日は、明日考えましょうね!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テッポウユリの咲く季節 | トップ | 暑い一日でした! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。