奄美の農と暮らし

ようこそ、ファーム・しきへ!
ここでは熟年Uターン者の島での奮闘の日々を綴ります。

コチ風に誘われて

2017年04月05日 | 晴耕雨読
 終日、生暖かいコチ風の吹く一日で、相も変わらず畑人一途で過ごしました。
久しぶりに朝ドラが面白くて、独特な茨城弁を聞きながら、遠き青春の日々を思い出しました。小生の出た学校は全国から集まった田舎者の集まりで、ある日、茨城のN君と鳥取のN君が屋上で取っ組合いをするとか・・・これは立ち会わねばと観戦していると、開口一番、茨城のN君が「俺のどこが田舎者だっぺ~」、みんな笑うに笑えない青春の1コマでした。

 今朝はカボチャの受粉が終わると、昨夕に収穫したスナップエンドウと摘果したカボチャの幼果を直売所に届けました。届けた野菜のカゴは空っぽで、今日も頑張るかとハウスに向かいました。ハウスでは、昨日誘引を済ませたキュウリの5節までの脇芽と花芽を取りました。

 午後イチはハウスのキュウリと露地のズッキーニの防除に取掛り、その後は、カボチャの摘芯と誘引で過ごしました。週末からは雨マーク一色、この雨で追肥が効き、草勢が強くなる前に先手を打ちました。多分に来週には、ほ場に入るには両手でカボチャの葉をかき分けて入ることになると思います。

 明日は、週末からの天候に備えて、2番手、3番手のカボチャのシート敷きを思案しています。ワケギやナスやセニョールも収穫しなくては・・・。また明日!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 至福のひと時 | トップ | ハイヌ風になりました! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。