奄美の農と暮らし

ようこそ、ファーム・しきへ!
ここでは熟年Uターン者の営農の日々を綴ります。

ラストの定植

2016年10月18日 | 晴耕雨読
 薄曇りで朝イチの出畑の時は、何故か虹がありました。
本日も蒸暑く、洗濯物を山のように作りながらの一日でした。

 軽トラに400ポットのカボチャの苗を積込むといざ出畑!・・・各畝に苗のトレーの配分を終わると、第2ほ場に移動して、隔日のチューブかん水からスタートしました。前半に定植した苗は活着して手かん水の必要もなく、タイマーを5分にセットして蛇口を開き、かん水の間にカボチャやキュウリを観察しながら10分ほどで終わりました。
かん水を終えて第1ほ場に戻ると定植に取掛り、2畝の定植と手かん水で午前を終えました。
  

 午後は午前の残務で3畝目の定植を終わらせ、明日の準備で、第2ほ場に移動して防風ネットの回収とカラス対策でテグス張りを行いました。途中、久しぶりに恩師が来畑しましたが、忙しい最中で手を休める事ができませんでした。カボチャの植付けが終わったら訪ねてみようと思っています。

 カラス対策を終えると、試しで50cmに伸びたカボチャの脇芽取りと誘引を行い、早くカボチャの植付けを終えなければと、そんな思いに駆られました。明日で、カボチャの全ての植付けを終わらせ、脇芽取りと誘引に取掛りたいと思っています。

 キュウリは2、3日で収穫期、ズッキーニは週末には定植期、カボチャの苗不足で定植ができなかった畝には、ワケギか玉ねぎを植えようと思っています。
好天は明日までの予報、明日が勝負の一日になりそうです。
それではまた明日!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お疲れさん、自分に! | トップ | 定植の終了! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。