奄美の農と暮らし

ようこそ、ファーム・しきへ!
ここでは熟年Uターン者の島での奮闘の日々を綴ります。

ミニキュウリの終了

2017年06月16日 | 晴耕雨読
 終日薄曇りに時折ポツポツと降り、少な目のオクラとミニキュウリの収穫を終えると、朝令朝改でミニキュウリの撤収に取掛りました。梅雨が前季と違うパターンになり、今月いっぱいまで続きそうな・・・先が見えなくなりました。撤収作業は、ネットごとキュウリのツルを鎌で切って外へ運び出し、午後はハウス内の防草シートやマルチの回収をしました。


 昨年の9月から続いたリレー栽培はほぼ終了、オクラは害虫による食害がひどく、パプリカは立枯れでほぼ全滅の様相、いずれも、どこかで決断して撤収をしようと思っています。ミニキュウリの撤収を終えて倉庫に資材を格納すると、早めの仕事上がりになりました。

 帰宅すると、今夜のビールを何とか美味しく飲みたいと、小一時間ほど浴室の清掃に奮闘し、本日も無事終わりました。明日も出たとこ勝負になりそうな、トラクターの耕うん爪や背負動噴機の燃料ホースが届いたので、雨の場合は倉庫でメンテナンスの一日になりそうです。
それではまた明日(^_^)/~
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地区座談会 | トップ | 農機のメンテナンス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

晴耕雨読」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。