奄美の農と暮らし

ようこそ、ファーム・しきへ!
ここでは熟年Uターン者の営農の日々を綴ります。

晴れてくれんかの~!

2016年10月12日 | 晴耕雨読
 予報は雨マークばかりで、日照はなく朝からシトシト・・・モチベーションは超低空飛行で今にも墜落しそうです。
それでも育苗中の苗や定植したほ場の観察は必須で、霧雨の中出畑しました。
今朝はズッキーニが3日目で発芽し、定植したカボチャも日に日にらしくなってきました。

 倉庫で草刈り用の資材を積込んでハウスに向かうと今にも降りそうな空模様、山頂を観ると霧雨のような様子で、サロペットにヤッケ、防護面を装備してスタートしました。始めてしまえば、後は終わるまで1点突破の心境・・・エンジン音しか聞こえない世界ですから。2棟のハウスの中の草刈で午前を終えました。
  

 午後イチはハウスや防風ネット支柱部の草刈、作業は午前よりも細やかで、ナイロンカッターを頻繁に切りながら小1時間ほどで終わりました。後は土壌の乾燥を見計って耕うんを行い、春カボチャのほ場はモアによる草刈を委託しようと思っています。

 ひと息付くと河口菜園に移動して、燃料がなくなるまで草刈作業で過ごし、2/3ほど終えたところで本日の打ち止めに、この天候で、よう頑張ったの~と自賛の境地になりました。
それにしてもほ場の乾燥には、4、5日の好天が必要で、どのタイミングで春作の準備に取掛ろうか、こればかりはお天道様次第の世界ですから・・・。

 そう言えば、午後はサシバの第2陣が飛来して賑やかでした。、 
明日もまた・・・明日考えるぞい!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋雨前線の停滞 | トップ | 雨燦々と~! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。