奄美の農と暮らし

ようこそ、ファーム・しきへ!
ここでは熟年Uターン者の島での奮闘の日々を綴ります。

スナップエンドウの準備

2016年11月05日 | 晴耕雨読
 今朝は全身筋肉痛で、休みたいなと思いながら遅めの出畑になりました。
カボチャの受粉はピークになり、受粉とキュウリの収穫作業で午前のほとんどを使い、農機と資材一式を菜園に移送して午前を終えました。

 気温は久しぶりの夏日、スナップエンドウの畝設計から始めて、終わる施肥と耕うん、2週間前にトラクターを入れていますので土はフカフカ、2時間ほどで終わりました。
ひと息入れると畝立て、耕うん機の爪を外側に入替え、高速培土で80cm幅を4畝作りました。仕上げは管理機を使い、畝の修正と菜園周辺の畝溝を作りました。
管理機の培土幅は30cm、連続のマルチ張りを考慮すると畝間は80cmぐらいが必要で、持てる農機を駆使しているところです。


 菜園は4時でも陽は高いですが、山側沿いの秋カボチャのほ場は日の入の時刻、急いで資材を積込むとほ場に向かい、帰途はハウスの戸締りをして一日が終わりました。
明日は菜園のマルチと誘引用の支柱やネットを取付けたいと思っています。完成したら、月曜にはスナップエンドウの播種ができます。
1年で一番忙しい時期ですので、何とか老体に鞭打って頑張っています。
それではまた明日!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 落日に燃ゆる・・・かな? | トップ | 朝陽に燃ゆ! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

晴耕雨読」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。