奄美の農と暮らし

ようこそ、ファーム・しきへ!
ここでは熟年Uターン者の島での奮闘の日々を綴ります。

筋肉痛の中で・・・

2017年12月13日 | 晴耕雨読
 本日も曇天に肌寒い一日、少な目のキュウリとズッキーニの収穫からスタートしました。キュウリはラストの収穫になり、年内のリレー出荷は絶望的になりました。直売所からは、キュウリは良く売れましたね、と慰労のエールを頂きました。

 昨夜のストレッチと低周波治療器の効果で、筋肉痛はいく分か和らぎ、直売所にキュウリを届けると、昨日の残務で畝の均し作業に取掛りました。昨夜も時雨があった様子で畝の表土は湿り、重い土をレーキで均しながら3畝を仕上げて午前を終えました。

 ランチに帰宅すると・・・畝の均しが残り2畝、筋肉痛はピーク、支庁の税務課からは免税チケットの連絡、冷蔵庫の中は空っぽ・・・てな訳で、午後は畑作業を止めて、懸案の野菜部会の役員会に参加し、終わると足を延ばして支庁に出掛けて免税チケットを受取り、帰途はスーパーで買出しをしました。

 役員会は本題以外で盛上り、今季のカボチャの収量は、台風の影響で前季の半分以下になりそうです。また、12月に予定されていた研修は、2月に再考とのことでした。役員会と言っても1年に1回程度ですから、花火のように盛上り、年が明けるとリセットされて、壊れたカセットレコーダみたいに繰返されるんですね。

 明日は、残り2畝の均し作業を終えて、マルチ張りに取掛ろうと思っています。第2弾の2段階、もっともしんどいマルチ張り作業・・・これが終われば、第2弾も終わったようなものです。
また明日(^_^)/~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

畝の均し作業

2017年12月12日 | 晴耕雨読
 終日、曇天に時雨があって肌寒い一日でした。冬の天気予報の晴れマークなんぞは、あってないようなものですね。いつものほ場の巡回を終えると、昨日畝立てを終えたほ場の畝の均しに取掛りました。



 春カボチャ作業の第2弾は全てが手作業、レーキ、クワ、ハンマー主体の力仕事ばかりで、毎年この作業で3キロほどの減量になります。本日はレーキによる畝の均し作業、超粘質に土塊がゴロゴロ、時折時雨がパラパラと降って、土がさらに重くなるんですね。午前と午後に4畝ずつを終え、達成感だけを糧に予定をクリアーしました。

 明日は猛烈な筋肉痛に見舞われて腕が上がらなくなりそうな、そんな気がします。明日はまた部会の役員会が入っていますが、畝の均し作業を優先したいので、好天の場合は欠席しようと思っています。施肥の後の耕うんに畝立てと、寸暇の好機で、今季の春カボチャ栽培は厳しい天候になりそうな予感がします。

 昨年から、この時期にCMで流れていた山下達郎の「クリスマスイブ」が流れなくなりましたね、もう懐メロの領域に入ったのかも知れませんね。
雨は夜更け過ぎに~雪に変わるだろう・・・♪、また明日(^_^)/~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

畝立て作業

2017年12月11日 | 晴耕雨読
 乾燥した強い北風の吹く一日で、粘質たっぷりの畝立てを終えて、ホッとひと息付きました。
今朝は菜園の巡回から始めて、玉ねぎが活着した様子に先ずは一安心、長日野菜ですので、年明けからニョキニョキと伸びることでしょう。

  

 少な目のキュウリとズッキーニの収穫と出荷を終えると、畝立ての準備に取掛りました。先ずは畝溝のマーキング、50mのロープを張って、10歩間隔でススキを挿し込みました。昨日のコテコテの耕うんから再度の耕うんを考えましたが、畝立てをしてからの判断にすることにしました。

  

 マーキングをしたススキを目安に耕運機による前進の耕うん、相も変わらずの超粘質で、再度のトラクターによる耕うん作業は断念しました。50mのほ場の奥まで侵入すると、次は尾輪を反転して後進の高速耕うん、重そうに土が飛び、入口に到達しました。再び、同じ畝溝の奥まで侵入すると、2回目は深耕を浅くしての後進の耕うん、畝溝に落ちた土を削り飛ばす、そんなイメージです。

 午前に第1ほ場5畝、午後に第2ほ場8畝を仕上げ、春カボチャ第2弾の1段階が終わりました。明日からはレーキによる畝の均し作業・・・2、3日掛かりの作業を予定しています。
それではまた明日(^_^)/~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダメ元で耕うん作業

2017年12月10日 | 晴耕雨読
 満を持しての好天、ただ予報では午後に雨マーク・・・一気呵成とは中々行かず、朝露の乾きを待ちながら、バンガローで宿泊する同窓とコーヒーを飲みました。

 バンガローから畑に回り、ほ場の乾きを観ると、これ以上の乾きも期待できず、ダメ元で耕うんに舵をきりました。想像どおりの超粘質で土塊を作り、これ以上の好天が今後期待できるのか、迷いに迷いながら、昼休みなしで続行しました。

  

 遅めの昼食を終えると2度目の耕うん、ロータリーの回転速度を1段階上げての耕うん作業でしたが、さほどの効果もなく、妥協の産物で仕上がりました。トラクターのロータリーにコテコテに付着した土を落とすと倉庫に格納し、軽トラに耕うん機とクワを積込み再びほ場に向かいました。耕うん時のまくら地を修正して、明日の畝立てに備えました。

 帰宅して天気予報を見ると今週は好天の予報、ネットで注文した資材も昨日届き、明日から年末にかけて、畝立て、均し、マルチング、トンネルハウスの設置と気の遠くなるような時間になりそうです。
それではまた明日(^_^)/~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ズッキーニ・ゲット!

2017年12月09日 | 晴耕雨読
 本日もまた時雨に翻ろうされながら、出たとこ勝負の一日になりました。
今朝の気温12℃、キュウリの収穫からスタートして、この秋初物のズッキーニを2本ほどゲット、今宵の同窓の懇親会にキープしました。

  

 キュウリを届けてビニールハウスに着くと時雨がポツポツと、本日も耕うん作業は断念、ならばと、生育の遅れていたズッキーニを7株ほど定植をし、倉庫に戻ると補植用のズッキーニの播種を行いました。
トマトは着果が始まり、レタスは腰高で倒れるので株元に土を入れ、日に日にらしくなったきました。いずれも年明けの収穫になりそうです。

  

 午後は、穴が開くほどネットで雨雲をモニターし、後は勘ピュータの信じるままに、秋カボチャの防除に取掛りました。時雨もなく、3時間ほどで作業は終わり、さらには第1ほ場はうどん粉病が蔓延の一歩手前で、好機の防除になりました。

 明日は晴れの予報、春カボチャの耕うん作業ができればと念じています。また明日(^_^)/~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加