雨飾りファームだより

日本百名山の雨飾山の麓から猫と金魚と農業と、田舎暮らしの日常を綴るブログ

根知のお七夕2017。

2017-07-08 08:20:39 | 日記
 今年も7月7日、七夕の季節を迎えました。
 ここ新潟県糸魚川市根知地区では、古くからこの谷に伝わっている独特の七夕の風習があります。
 
 道路を横断する綱飾りです。この綱には花嫁行列を模した飾りが吊るされています。私の父がこどもの頃は、学校から帰ってら近くの集落の寄り合い所などで女の子がこの七夕の飾りを作ったそうです。

 この飾りは布で作られていて、花嫁、花婿を中心にして腰元や、お付きの人、見学する人などの人形、お布団を意味する三角形のヒョーチューという飾り、サルボボなどがあります。特に何をいくつという決まり事などはないようで、時代時代に合わせて作り手が適当にやっているような気がします。

 8月7日の夕方にこの七夕をおろして川に流すのですが、それまで1か月間、根知谷の中5か所で見ることが出来ますので是非見学においでください。

 写真は上野地区の様子です。

 





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 誰のための政治か~権限は何... | トップ | 猛暑と豪雨。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。