komaの こまごまひとりごと

自分にとって大事なことを、自由きままに書いています。









イラスト集(大島弓子・内田善美)

2016年10月19日 | イラストなど

              

「万葉のうた」大島弓子(1978年10月初版)

 わわ。1978年というと私は14歳、まだ中学生だ! 趣味がしぶい!
 これはたしか、私が大島弓子さんのファンだと聞いた叔母が、買ってきてくれた品だったような・・・ちょっとさだかではないんですが、人生ではじめて手に入れたイラスト集だということに、まちがいはないはず。

 大島さんが万葉集から選んだお気に入りの歌46首に、イラストをつけるという趣向の本です。
 いままでに描いたイラスト(マンガの表紙や見開きページなどなど)に、歌が添えられています。現代ものや外国ものの絵でも、ふしぎなことになんの違和感もないんですよね。
 たとえば「綿の国星」1作目ラストの見開き画面、あのすごくきれいなシーンについているのが

   あをによし 奈良の都は 咲く花の
    薫ふがごとく 今盛りなり


「綿の国星」1巻が1978年6月初版だから、そのあとに出た本じゃないかな。描き下ろしも何点かあり、こちらは和風でとても素敵です。

 
 

               

「聖パンプキンの呪文」内田善美(1978年10月初版)

 わわ! 万葉の歌と同じ年だ! 
 これは書店でみつけて自分で買いました。よく買った、中学生の私!
 内田さんの本、いまじゃほんとに手に入りませんよね。ああ、名作マンガの数々をちゃんと読んでおけばよかった。どうして読まなかったのか悔やまれるわ・・・。
 でも。イラスト集を持っているのは、はっきり言って自慢です。


              

 裏表紙のイラスト部分。素敵すぎます・・・。

 中身のほうは、こういう可愛い絵は案外少なくて、シェイクスピアの「真夏の夜の夢」をイスラム風の絵物語にしたり、自作の童話みたいな話を二色刷り絵本風にしたり(これは可愛い)、ダークな味わいのモノクロ短編マンガなど。あ、美少年ももちろんあり。
 内田さん自身はダークなのがお好きで、かわいいのはサービスショットなのかな?とも思いますが・・・。

 文学界の鬼才寺山修司氏と、イラスト界の巨匠宇野亜喜良氏がエッセイを寄せています。なんてゴージャスなんでしょう。

 中を写すのは自粛しますが、お見せしたいです~。復刊されればいいですね!!

 

                つづきます

 右サイドバーの猫ボタンで
 読みましたクリックお願いします。
 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雑談その3 立ち読みのススメ | トップ | イラスト集(清水玲子・波津... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
懐かしい・・・ (ぱどる)
2016-10-21 19:10:35
いまや、ほとんど知る人の無い内田さんの作品。

今でも時々、ネットで作品を懐かしむ記事が
ありますね。


美術部の女性からすすめられた、
大島弓子さんも好きだったな・・・


多感な頃に少年漫画から少女漫画、劇画まで
多読した頃を思い出します。

懐かしい漫画を紹介いただき有難うございました。

ぱどるさんへ (koma)
2016-10-21 21:58:52
コメントありがとうございます!
内田善美さんの名前で検索したら、いまだにファンサイトがあって驚きました。
本当にカリスマ的マンガ家さんですよね。

そちらのブログにもうかがいますね~。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。