komaの こまごまひとりごと

文章を書くのが好きな主婦の私空間。マイペースで更新しています。









本当に必要な服は、どれ?

2016年11月07日 | プチうつ脱出編

 このカテゴリーの前ページを見てみたら「猛暑がおわったら再開の予定」なーんて言葉が。
 日付は去年の8月でした・・・放置しまくりでしたね。

 それで遅まきながら、持っている洋服の見直し法についてのお話です。
 私が2年くらい前にやってみた方法。ごちゃごちゃしていた洋服ダンス(と頭の中)が、かなりすっきりしましたのでご紹介します。

 

 1・まず、どの季節の整理をしたいか決めます。

 2・「1週間だけ生活するのに必要な服」だけを、出して並べます。
   「1週間、はだかにならず、誰かに会っても逃げなくてすむだけの服」という基準。
   もしも借金取りが衣服を全部持って行くとしても、これだけは、くらいの気分で。

 3・おめでとう。これで借金とりが来ても大丈夫ですね。
   ・・・ではなくて。
   もう一週間、追加できるとしたら、どれを選ぶかやってみます。
   それが終わったら、もう1週間分やってみてもいいです。
   たとえば「会社用と休日用」、「アウトドアとインドア」みたいに分けてもOK。
   

 

                                   

 
 イケてないファッションがばればれなので嫌なんですが・・・写真がないとわかりにくいので、しかたなくのっけてみました。
 幼稚園の送迎もおわり、ずーっとおうちにいる専業主婦の華麗なる1週間。
 暑かったり寒かったりはっきりしない秋でも、これだけあれば余裕です。
 しかしあらためて写真で見ると・・・もっとかわいくしなきゃいけないと反省いたしました。赤面でございます・・・。

 説明ですが、上段が半袖2枚、長袖2枚、ちょっと厚手の長袖2枚。
 中段が、それに合わせられる温度調節用、薄手から厚手まで。
 下段も薄手と厚手で、上の段と組み合わせても変じゃないズボン(死語)類。


 これをやってから、残っているほうの服の山を眺めたら・・・。
 同じような厚さのものばかり持っているとか、組み合わせられないものがけっこう多いとか、いろんな発見がありました。
 色については考えても、材質は気にしてなかったとか。質感がちがう服って、意外と組み合わせられないんですよね。

 で、わかったところで、いらないものは処分。
 似たようなものがいっぱいあっても、それが好み!と思えるものは、もちろん残す。
 いるものは買い足す。

 
 えーと、次回は「自分に似合う色」について書く予定。このカテゴリーとしては、それがラストになります。
 そしてふたたびマンガ方面に・・・ブログって自由で楽しいですね(笑)。

 

      前ページ(同カテゴリー)   ありがとうございました     

                               次ページ

 

 「読みましたよ」のお知らせを、よろしければ
  右サイドバーの猫ちゃんボタンでお願いします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イラスト集(清水玲子・波津... | トップ | 「自分に似合う色」のみつけかた »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

プチうつ脱出編」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。