komaの こまごまひとりごと

ただいま小説ブログに変身中。毎晩9時に更新予定です。









80年代前後の少女マンガで育った主婦が、今頃書いたファンタジー

2017年03月17日 | 小説

         まえがき


 この小説をいちばん最初に書いたのは、今をさること10数年前。
 私が35歳くらいの頃でした(ひえ~)。
 ストーリーを思いついたのはもっと前だと思うんですが、文章化して完結させたのがその頃ってことです。
 でもこれがもう、お話にならない(比喩ではなく)ほど下手で、残念ながら冬眠状態に。


 その後、私も遅まきながら結婚、出産、育児と主婦まっしぐらな道を歩みました。
 で、育児に翻弄されたため、このブログで育児エッセイを書きまくってストレスを晴らし、一時はそれで満足したかに思えたのですが……。

 下の子が小学3年にあがった2年前、子育てもかなり落ち着いてきた中で、ふと思ったわけです。
 私って、もう小説書かないのかな。あと1作だけ書いてみようかしら。

 
 そういうわけで、本当に久しぶりに着手してみたファンタジー。
 書き出してみたら……うわー、なんかもう……。
 忘れていた10代後半から20代前半の感受性が、どっとあふれてくる、とでもいうんでしょうか。 
 自分でもびっくりするほど楽しくて、のめりこんでしまいました。


 忘れていたもの、自分の中で眠っていた美しいものを、掘り起こす感じ。
 私、こんな年齢になっても変わってないんだ。
 あの頃大事にしていたものは、ちゃんと自分の中に根付いてるんだ。そんな感じ。

 このブログで「イラストなど」のカテゴリーを作ったのは、それを再確認するための作業のひとつでした。
 ああいう絵を描いていた頃の感覚が、自分の中にちゃんと残っていて。
 50代になったいま、それを文章で表現できるようになったんですね。


 といってもストーリーは、かつてのイラスト(こんなの)見れば想像できるとおり、超!少女趣味。
 ハイファンタジーなので、西洋中世のお姫さま(こーんなの)、魔物、剣士、などなどが満載の世界です。
 その世界が苦手なかたには、楽しめないこと、うけあいですね……。
 文体も翻訳物っぽいところがあるので、なじみにくいかもしれません。


 もちろん最初は、そんなものをブログにのせるなんて絶対にしない、と思ってました。
 だって恥ずかしいので!
 どしろうとの小説なんて、つまんなくて当たり前だし。
 このブログ、自分のダメ母ぶりを全部さらけ出してるので、こんな人がお姫さまの恋物語ですか? いい年して何考えてんの~?って思われて当然だし。


 でもせっかく完成してるんだからと、某オンライン小説サイトのほうに全部出してしまいました。
 なので、そちらのサイトではすでに完結済みなんですが、なんと私は続編をはじめてしまい、当分おわりそうもない気配です。
 そしたらやっぱり、ブログのほうの更新がお留守になってしまって……。


 このブログ、1ヵ月更新しないと広告が出ちゃうんですよね。
 それは避けたいなあ。
 まだこっちのブログで書きたいこともあるし、自分の大切な記念なので、ちゃんと残しておきたいし。

 

 じゃあ、こっちに小説のっけちゃえ。
 こまぎれにしてのっければ更新回数もかせげるし、新聞小説みたいでいいんじゃない?
 前回の記事にも書いたように、自分の評価が甘くなってくるお年頃の本領発揮ですね。

 

 ということで、原稿用紙3、4枚分くらいずつ、2カ月ほど毎晩連載します。
 このブログを以前から見ているかたがいらっしゃいましたら、そういう事情ですので、暖かい目で(笑)よろしくお願いいたします。


 

             つづきます          次ページ
 

     小説家になろう 

       ↑
 ちなみに、こちらのサイトも歓迎でございます。
 ラストに感想書く欄もありますよ~。
 このサイト名がまた……人に言えないっちゅーか……。
 投稿サイトの最大手、シンプルな画面で、ルビが打てる、縦書きサービスもあるという
 実にすばらしいサイトです♪


  

 
 

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 震災のあとに作った絵本 | トップ | 80年代前後の少女マンガで育... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。