竹に雀

上杉家中心・戦国まったりブログ

真田丸第41話

2016-10-16 20:43:00 | 戦国一般
オープニング。やはり、上杉主従はいなかった。

豊臣につくことを決めた信繁は、さっそく家族会議。満場一致で豊臣につくことに。

その頃、大坂城ではVシネが開催される勢いな面々が集まっていた。
哀川翔に勝つには、白竜さんを召喚するしかないよ。
なんかよく考えるとこの大河ドラマ、Vシネ俳優率が高いような…。
しかし、大坂方の面々は「かいこ」の絵柄で見える…。

家康は、信繁の名前も忘れるほど耄碌していた。

江戸にいる信之お兄ちゃんは、相変わらず体調がよくない様子。
そして、すえちゃん大きくなったね。
あと、信之お兄ちゃんの子供たちも。
まさかの真田家の家督相続争い。まあ、お兄ちゃんが蒔いた種なんだけどね。
そして、大坂の陣の読みが外れるお兄ちゃん。まあ、この大河ドラマではそんな役だから仕方がない。
稲も大人になったね。先に産まれたからって、おこうさんの息子を当主にするとは。いい話だ。

そんなこんなで宴会を開いて、脱出する信繁一家。あのおこうさんが死ぬ気で踊ったかりがね踊りだよ。
米の磨ぎ汁で酔えるのか?
村長がいい人でよかったね。

家康、昌幸パパに怯えすぎ。そして、信繁の名前忘れすぎ。繰り返しコントか?

信繁よ。春は、梅ちゃんと違うから大丈夫。少なくとも、勝手に戦いに加わるはずがない。

半蔵…。何?コントか?
で、信繁の爺メイクもコントの一部だと思った。トイレで着替えとかOLか?

秀頼を待つ間、秀吉がいた居間であの秀吉の呼鈴の音を聞く信繁。
ある意味ホラーだ。
豊臣のプリンスとの謁見で、はったりをかます信繁。お前は、上田城で旗振って、高砂歌っただけじゃないか!

そして、呪いの元凶、茶々との再会。
茶々の呪いはきりでも避けられないのか?

次回予告。何ですか?取っ組みあいですか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最高の休日 | トップ | 真田丸第42話 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。