シャープ & ふらっと

半音上がって半音下がる。 それが楽しい、美しい。
思ったこと、感じたことはナチュラルに。  writer カノン

東京メトロ24時間券

2016-09-18 15:42:42 | 旅・町歩き
先日、東京メトロ24時間券を使い、
東京の端から端まで動いてみた。

今年の3月26日から東京メトロでは、
それまでの一日券から、24時間券に変わった。
従来の一日券だと、その日限りの有効なので、
21時に買っても、約3時間後の終電時刻でおしまいになった。
だが24時間券だと、
翌日の21時まで丸々使える。

これは便利だし、良い商品だと思う。
おそらく以前は、フリーきっぷというものは、
「その日使う」という目的が大半で、
翌日にまたがっての乗り放題は、
あまり需要もなかったのだろう。

だが、連日乗る目的があり、
24時間以内の行動がしっかり決まっていれば、
かなり使い勝手の良いきっぷといえる。


さて、このきっぷでよく耳にする質問で、
『24時間後の時刻に、乗車中の場合はどうなるのか』だが、
これは、『下車駅まで有効』だ。
さらに、途中一旦改札を出て乗り換える駅がある場合、
オレンジ色の改札を抜ければ、
最終下車駅まで有効である。

私は実際、8時05分の入場で一日乗り回し、
翌日もまた7時55分に、丸ノ内線池袋で入場した。
途中で8時05分、24時間が経過したが、
そのまま8時10分に大手町のオレンジ色改札を通過し、
東西線に乗り換えて、南砂町で下車出来た。
さらに、南砂町で終了となるはずが、
きっぷは回収されずまた飛び出して来た。

おそらく、記念きっぷなど手元に残したい人用かと思うが、
これもある意味、良いサービスだろう。

ふと、くだらない疑問がわいた。
24時間を過ぎても、最初の下車駅まで有効ならば、
そのまま一日また乗り回し、改札さえ出なければ
終電まで乗っても大丈夫という事になる。
9月19日5時00分に入場して、
翌20日4時55分に入場して、
20日24時頃まで使えるという事なのか。

構内にショップやレストランのあるJRならともかく、
まあ、一日メトロに乗り続ける人もいないか。


24時間券は、大人600円。
今年度の、メトロのキャンペーンガールである石原さとみさんの、
24時間券も発売されている。
三枚セット(1800円)が年4回発行されるらしい。
4~6月は門前仲町がポスターの舞台だったため、
このセットは門前仲町駅限定で発売された。
そして、7~9月は麻布十番だったので、
昨日から、麻布十番駅限定で発売されている。
『ポスターの、その駅まで是非いらして下さい』
というメトロの考えらしい。

石原さとみさんは好きなので、
門前仲町の時も欲しかったが、買いそびれてしまった。
麻布十番も、今週土曜しか行くチャンスがないが、
残っているだろうか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 銀座のプライドは何処へ  | トップ | 新日本紀行『幸福への旅』より »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅・町歩き」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事